泉州光と音の夢花火|無料の穴場4選!駐車場情報と渋滞回避のコツ

泉州 光と音の夢花火 画像

音楽、グルメ、花火大会を一緒に楽しめる複合型イベント「大阪泉州祭り」のフィナーレを飾る「泉南 光と音の夢花火」。今年は昨年よりも打ち上げ数を増やし2日間で計2万5,000発の花火が泉南の夜空を彩ります。

 

この記事では「無料で花火を楽しめる穴場スポット」を4ヶ所紹介!

 

また、有料観覧エリアのチケットは買うべき?それともいらない?などの疑問にも答えたいなと思います。

  • 追記2018年の開催は2017年に比べると運営スタッフの対応に不備や落ち度があり、わざわざチケットを購入した人たちからは「お金を出した分だけ損をした気持ち」になったと口コミが相次ぎました。2019年は多くの人が満足行くような花火大会にしてほしいと願います!

「泉州 光と音の夢花火」ってどんな花火大会?

今年の開催日は2019年8月24日、25日の2日間。打上時刻は20時〜21時を予定しています。

 

会場となるタルイサザンビーチは対岸に関西国際空港を臨み、離発着する飛行機を眺めながら海を泳ぐことができる珍しいビーチ。

 

また、「日本の夕陽百選」に選ばれている絶景スポット。ここから眺めるサンセットは本当に綺麗で見とれてしまいます。

開催日2019年8月24日(土)、25日(日)
打上時刻20:00~21:00
打上数各日1万発(予定)
会場泉南タルイサザンビーチ(りんくう南浜海水浴場)
住所〒560-0535 大阪府泉南市りんくう南浜
最寄り駅【電車】 南海本線「樽井駅」から徒歩10分
駐車場なし
問い合わせ06-4708-6470(一般社団法人 泉州 光と音の夢花火)

注意2018年は隣の泉佐野市で行われた「ENJOY!りんくう (りんくう花火)」と開催日が重なり、混乱した人も多いのではないでしょうか?

 

今年は「泉州 光と音の夢花火」と「ENJOY!りんくう2019」の開催日が異なります。

 

2つの花火大会は開催日、開催場所、打ち上げ時刻がまったく違うので注意してくださいね!

泉州光と音の夢花火ENJOY!りんくう2019
開催日8月24日、25日8月31日
打上時刻20:00~21:0019:15~20:00
開催場所タルイサザンビーチ(泉南市)マーブルビーチ(泉佐野市)
最寄り駅南海本線「樽井駅」南海本線、JR「りんくうタウン駅」

泉佐野市で開催される「ENJOY!りんくう2019」については以下の記事を参考にしてくださいね♪

2018年「泉州 光と音の夢花火」の内容がひどかった?

冒頭でも述べたように2018年度の開催は 「もう二度と行きたくない」と思った人の口コミが増えました。口コミの具体的な内容をまとめると、

  • 公表されていた打ち上げ数 (各日1万発) よりも少なく感じ、2017年のほうがよかった
  • 入り口が分からずスタッフに聞いても”たらい回し”で打ち上げ時刻までに入場できなかった
  • チケットにはお弁当とお茶が付いていたはずなのに最後まで配られなかった

口コミを見ていると「花火のプログラムのクオリティが低さ + 運営するスタッフの対応の悪さ」が多くの人に不快感を与えてしまったようですね。

 

その一方で「今年の花火も最高だった!」という口コミも少なくありません。どっちの口コミが正しいのでしょうか?それは・・・!

  • チケットを購入した人 ▷「払った金額ほど満足の行くものではなかった」
  • 無料で観覧していた人 ▷「無料で見られる花火としては満足♪満足♪」

このように意見は真っ二つに分かれてしまいました。やっぱり有料観覧席のチケットを購入した人にとっては、その金額に見合った体験ができてこそ「お金を払っただけはあるな!」と満足してもらえるものですよね?

2019年の花火有料観覧エリアについて!

 

View this post on Instagram

 

Aoiさん(@ao0605)がシェアした投稿

「泉州 光と音の夢花火」はその名の通り、ビーチに設置したスピーカーから流れる音楽に合わせて花火が打ち上がる花火ショーです。臨場感を味わうためには有料観覧エリアに入場することが必須条件です。

チケット購入がおすすめの人

  • 花火と音楽の両方を楽しみたい
    ※立ち見サイドビューは場所によっては音楽が聴こえない可能性あり
  • 場所取り合戦はしたくない
    ※立ち見サイドビュー、立ち見フロントビューは入場順にて案内
  •  席を確保してゆっくりと花火を見たい

泉州 光と音の夢花火 画像 有料観覧席 マップ 画像【画像出典:https://www.senshuhanabi.com/

今年は昨年よりもエリアが細かく区切られ、人数・目的などに合わせて選びやすくなっています。すでに「パイプ椅子シート」「ビーチチェアシート」「ペアシート」は完売となっています。

立ち見サイドビュー

  • 1名500円 (税込)
    花火を側面から観覧できるエリア。場所によっては音楽が聞こえづらい可能性あり。

※本券ではMUSIC CIRCUS会場内への入場不可

立ち見フロントビュー

  • 1名1,000円 (税込)
    音楽と花火を同時に楽しめるエリア。チケット枚数も多いのでエリア内の混雑あり。サイドビューエリアを選ぶならフロントビューがおすすめ。

パイプ椅子シート

  • 1名3,000円 (税込) ※チケット完売

ビーチチェアシート

  • 1名12,000円 (税込) ※チケット完売

ペアシート (ビーチチェア)

  • 2名24,000円 (税込) ※チケット完売

グループシート (最大5名)

  • 1組45,000円 (税込)
    グループシートの価格には弁当+ワンドリンクが含まれています。席順はランダムで選ぶことはできません。チケットはグループで1枚。全員揃っての入場が必要です。
チケット購入・観覧エリアに関しての注意事項
  • 座イスやレジャーシートなどの持ち込みはできません。
  • 間違えてチケットを購入した場合も、本人都合でキャンセルしたい場合もチケットの交換または払い戻しはできません。
  • 立ち見サイドビューは17時から、立ち見サイドビュー以外は19時からの入場です。
  • 有料観覧エリアは未就学児童 (6歳未満) は保護者同伴でも入場できません。
  • 飲食物の持ち込みは禁止となっています。
  • 会場内に屋台はありません。肉フェス会場を利用することになります。
チケットは買うべき?買わないほうがいい?

昨年からの反省点、改善点を踏まえて今年は花火のプログラムもパワーアップしていることに期待したいですが、現状は「チケットを購入するほどでもない」です。

 

買うとしても「立ち見フロントビュー」まで。それ以上は「お金を払ったのにガッカリ・・・」となることも。下記の紹介する無料の穴場スポットでも十分に綺麗な花火を観覧することができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「大阪泉州夏祭り」へのアクセスと駐車場の情報!

【電車】大阪市内からでも1時間以内で行ける!

梅田からのアクセス
  • JR「大阪駅」から大阪環状線・内回りに乗車
  • 「新今宮駅」で下車して、南海本線・関西空港行(空港急行)に乗り換え
  • 「泉佐野駅」で下車して、南海本線・和歌山市行(各停)に乗り換え
  • 「樽井駅」で下車。
難波からのアクセス
  • 南海「なんば駅」から南海本線・関西空港行(空港急行)に乗車
  • 「泉佐野駅」で下車して、南海本線・和歌山市行(各停)に乗り換え
  • 「樽井駅」で下車。
和歌山からのアクセス
  • 【南海を利用】
    南海「和歌山市駅」から南海本線・難波行(各停)に乗車して「樽井駅」で下車。
  • 【JRを利用】
    ・JR「和歌山駅」から紀伊本線・和歌山市行(各停)
    ・南海「和歌山市駅」で南海本線・難波行(各停)乗り換え
    ・「樽井駅」で下車。

【車】今年は公式の駐車場あり!ただし、注意点がいろいろ!

今年は花火大会の公式サイトでも有料駐車場の案内があります。駐車場の場所は「りんくう南浜公園」の南側です。

駐車料金

  • 【前売駐車券】2,000円
  • 【当日駐車券】3,000円

【注意事項】

  • 駐車場の利用はチケットに記載された日のみ利用可。2日間とも来場する場合は駐車券が2枚必要です。
  • 会場周辺には前売り券で販売した以外の駐車場の設置の予定はありません。
  • 前売駐車券が完売した場合は当日駐車券の発売はありません。
  • 1度出庫すると再入場はできません。
  • 駐車場内はアスファルトではありません。地面にデコボコがあるので移動、駐車時には注意が必要。車高の低い車は特に注意が必要です。

【車】最寄りの駐車場は「樽井駅」周辺!空いていたらラッキー!

花火大会だけを楽しむ人にとっては1回2,000円、もしくは3,000円の駐車料金は高い!

 

タルイサザンビーチの周辺にはコインパーキングがないので南海「樽井駅」周辺のコインパーキングを利用しましょう。

 

公式の駐車場よりもグッと安く利用することができます。ただ、競争率が高いので空いていればラッキー。最悪、空車を探すのに周辺をグルグルと回ることになるので時間には余裕を持って会場を訪れましょう。

 

また、花火大会終了後は南海「樽井駅」へ一気に人が向います。周辺道路は混雑し、出庫には時間がかかることがあるので覚悟しましょう (笑) 。

タイムズ樽井駅前
住所大阪府泉南市樽井6-27
通常料金【00:00~00:00】60分/100円
最大料金駐車後24時間400円
駐車台数21台
車両制限全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t
南海パーキング樽井駅前
住所大阪府泉南市樽井6-28
通常料金【08:00~22:00】60分/200円
【22:00~08:00】60分/100円
最大料金400円(入庫後24時間まで)
駐車台数16台
車両制限全長5.0m 全高2.3m 全幅2.0m
スペースECO 南海樽井駅前・第2・第3
スペースECO 南海樽井駅前スペースECO南海樽井駅前第2スペースECO南海樽井駅前第3
住所大阪府泉南市樽井6-1733大阪府泉南市樽井5-1749-2大阪府泉南市樽井6-1739-1
駐車料金1日500円(入庫から24時間まで)1日500円(入庫から24時間まで)
半日400円(入庫から12時間まで)
1日400円(入庫から24時間まで)
駐車台数17台25台12台

注意「泉州 光と音の夢花火」を含め大阪泉州夏祭りの会場へ訪れる場合は周辺施設(イオンモール、Ksデンキ、新泉南病院など) への駐車や、路上駐車などの迷惑行為は絶対にやめてくださいね。

あらかじめ混雑を避けるなら「パークアンドライド」がおすすめです。南海「羽倉崎駅」など2つ、3つ離れた駅に車を停めて、電車で樽井駅まで向かいます。

 

駐車場が見つからないリスク、帰りの混雑に遭遇するリスクをグッと少なくし、帰宅時のストレス回避になります。

花火を綺麗に見たい!無料の穴場スポット4ヶ所!

泉州 光と音の夢花火の有料観覧席エリアへは保護者同伴でも未就学児童 (6歳未満)は入場できません。家族で花火を楽しむ場合は会場周辺で場所を探して花火を見るしかありませんね。

 

せっかくなら無料でも花火が綺麗に見える穴場がいいですよね?そこで、おすすめの穴場スポットを3つ紹介♪

POINT

  • 花火大会のベストポジションは打ち上げ地点からの距離が350m。顔を60°上げて見られる場所が最も花火が美しく、光と音のが到達する距離感のバランスがいい。

【1km地点】花火サイズによって見え方は変わってきますが胸にドンっと音が響くのがまだ体感できる距離です。

【2〜3km地点】花火の大きな音が苦手なら、これくらい離れたほうが ◎ 。花火の迫力、臨場感を求めるなら物足りないかも。

【5km地点】花火はしっかりと見えますが肉眼で見るなら、ここが限界。一眼レフカメラで花火の全体像を撮影したい人はおすすめ。

号数による花火の高さと開花時の大きさ
3号4号5号6号7号8号10号
上がる高さ (m)120160190220250280330
開いた直径 (m)60130170220240280320

【打ち上げ地点から500m】かめ公園の周辺

タルイサザンビーチのすぐ隣にある芝生と遊具だけの小さな公園。有料観覧エリアではレジャーシートを広げての観覧はできませんが、この公園ならゆっくりと花火を見ることができます。

【打ち上げ地点から1km】イオンモールりんくう泉南のテラス

View this post on Instagram

サントー(夜活夜撮)さん(@santo_night)がシェアした投稿

イオンモールりんくう泉南の2階のフードコートにある夕陽を眺めながら食事ができるテラス席。タルイサザンビーチから打ち上がる花火をちょうど真横から観覧することができるスポットです。

 

会場内で流れる音楽を聴きながらの観覧はできませんが打ち上げ時刻まではショッピングや食事、映画を見て過ごすことができますし、イオンモールりんくう泉南の駐車場を利用することもできます。

 

テラス席は早い時間から場所争奪戦が予想されます。

注意

  • イオンモールりんくう泉南からは花火観覧に関する注意事項は発表されていませんが施設側から「場所取り」についての支持や注意があった場合は素直に従ってください。
  • 場所取り後に荷物だけを置いて、無人になることがないように気をつけましょう。
  • 当日は花火の観覧を目的した人ばかりではありません。他のお客さんに迷惑がかからないように節度ある行動を心がけてくださいね。
  • 帰りは各自のゴミだけではなく周囲を見渡して施設の美化に協力をお願いします。

【打ち上げ地点から4.3km】りんくうマーブルビーチ

この投稿をInstagramで見る

Kazu..さん(@kazuuuuu67)がシェアした投稿

タルイサザンビーチの北側(りんくうプレミアムアウトレット側)に位置するマーブルビーチ。花火の打ち上げ場所までの直線距離に高い建物がなく花火が綺麗に見えます。ビーチは広く、場所取りに困ることもありません。

 

ビーチは砂浜ではなく拳くらいの大きさの石が敷き詰められゴツゴツ、デコボコ。ピクニックで使うようなレジャーシートでは平らに座ることができません。できるなら座椅子用のクッションや折りたたみ式のイスがあると便利♪

 

また、マーブルビーチでは無料で利用できるバーベキュー区域があります。コンロや炭などはすべて持ち込みですが洗い場や灰捨て場も充実しているので、花火を見ながらのバーベキューも楽しめます。マーブルビーチのすぐ隣には駐車場があるので荷物の運び入れも安心♪

平日土日祝
入庫〜1時間まで200円300円
1時間超〜2時間まで400円400円
2時間超〜3時間まで620円620円
3時間超〜4時間まで740円740円

【打ち上げ地点から5km】りんくう公園

この投稿をInstagramで見る

Nobuherouさん(@nobuherou)がシェアした投稿

りんくうマーブルビーチよりも北側に位置するりんくう公園。3つの穴場スポットの中では最も会場から遠い場所ですが打ち上げ場所との直線上に高い建物はないので綺麗に花火を鑑賞することができます。

 

公園を海側に歩いていくと「四季の泉」と呼ばれる噴水があり、大きくLOVEのオブジェが飾られているので花火と一緒にカメラに撮るとフォトジェニック♪

 

りんくう公園にも歩いてすぐの場所に駐車場があるので便利です。 ※りんくう公園ではバーベキューはできないので注意してくださいね。

平日土日祝
入庫〜1時間まで200円300円
1時間超〜2時間まで400円400円
2時間超〜3時間まで620円620円
3時間超〜4時間まで740円740円
泉州 光と音の夢花火は関空からも見える?

関空展望ホール「スカイビュー」からも花火は見えますが直線距離で約7km。肉眼で見るには少し小さく感じま。一眼レフカメラを持参して望遠レンズなどで泉南の夜景と一緒に撮影するなら、おすすめです。

 

花火の打ち上げ時刻までは空港内のレストランやショップで食事、買い物を楽しむこともできます。炎天下で待つ必要がないのが嬉しいですね。打ち上げ時刻の1時間半前には展望デッキで場所取りを始めましょう。

 

ただ、関空展望ホール「スカイビュー」のデメリットは「往復通行料金が必要なこと」と「駐車料金が高いこと」です。割引サービスがあるので空港内で食事を済ませるなら駐車料金はあまり気にならないかもしれませんね。

  • 往復通行料金
    【普通車】 920円
    【軽自動車】720円
  • 関空駐車場(P1~P5)
    花火の打ち上げ開始1時間前から3時間駐車した場合1,230円。ただし、空港内で合計3,000円以上のレシートで2時間まで無料サービスあり。

コメント

  1. かみちゃん より:

    私は二度と行くことは無いと思います。
    初めてだったので家族で有料観覧席を購入して観ました。花火はそこそこ綺麗でしたが、会場のスタッフの対応が悪すぎて嫌な思い出となりました。
    花火大会が夜だったこともあり、昼間に友人と会い、その時に頂いたお土産の菓子折りをカバンの中に持っていました。
    花火会場に持っていき、入り口で荷物検査がありました。
    食べ物持ち込み禁止と言われ、私のカバンの中に入っていた、友人から頂いた菓子折を放棄しないと入場できないと言われました。そう行っている間にも横からは次々と入場が進み、このままでは観やすい場所も取れないし、入場券の払い戻しもできない。花火は始まりそうだし、考えていたらどうするのか?と言われて、半ば強制的に取り上げられて、しぶしぶ入場しました。取り上げられた菓子折は、投げるようにゴミ袋に捨てられ、その映像が衝撃となり、子供は泣き出しました。
    そんな思いをこらえて、会場に入ったらどうでしょう。外から持ち込んだお菓子、お茶、なんでも散らかり放題。
    挙げ句の果てには持参のお弁当を食べている人まで。聞いてみると、「カバンの中身られたけど、スタッフの方は気づかなかったみたい」と美味しそうに食べているではないですか。
    その上、会場の端には荷物預けのクロークまでありました。我々が入り口で聞いた時は、荷物をあずかってもらうこともでいいない言われていたのに、ちゃんとあるじゃないですか!
    すぐさまスタッフを呼んで、私の腹立たしい思いを伝えました。
    するとどうでしょうか、入り口にいた警備の責任者とやらが出てきて、「お前が認めて入場したんやろ!」と悪態ついて来るではありませんか。
    責任者の方を呼んでいただくようにお願いしたら、時間だけかけられて、最後にはその悪態ついてきたスタッフが自分のことを責任者だと言い出すではないですか。
    花火大会に来て、お金を支払って入った上に、こちらが悪いことをしたかのように言いがかりをつけられるし、こんな不快な花火大会は初めてです。
    菓子折を取り上げられて、目の前で捨てられて、その上お詫びもなく、悪態ついて来る。つまらないことかもしれませんが、私はもっと夢のある楽しい花火だと期待していただけに、このスタッフの対応を観てかなりショックが大きいです。

    ちなみに食べ物を持って入ってはいけないことは入場券には書いてませんでした。
    食べ物持ち込み禁止の理由は、お腹が空いたら場内の店で購入させたいから。
    さらにはトイレは一回300円と金の亡者ぶりにびっくり!
    もう二度と行かないことと、今後も非力ながら、この花火大会の悪評を拡散していこうと思います。

    • かみちゃん より:

      上記のコメントを書いた本人です。
      その後、大会責任者の方に私の思いが伝わり、非常に丁寧な謝罪を頂きました。
      今回は、たまたま私の対応にあたった「警備の責任者」とやらが、とんでもなくレベルの低い、いわゆるハズレの担当者という事がわかりました。
      大会責任者は非常に有望な方で、来年からもぜひ素晴らしい大会にしてください。と逆に応援をする旨をお伝えしました。
       「大会のルールは事前にお客様に伝えるように考慮したほうが良い」と私からの希望もお伝えしました。
       来年以降、どんな風に改善されるかは乞うご期待と言ったところでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました