彦根大花火大会2019|穴場スポットと場所取り!駐車場と交通規制マップ

彦根北びわ湖花火大会 穴場 画像

2019年8月26日 (月) に鳥人間コンテストの会場として知られる「琵琶湖松原水泳場」を舞台に開催される彦根・北びわ湖大花火大会

 

この記事では「車で来場する場合の会場周辺の駐車場」や「混雑を避けて花火が観覧できるスポット」、「会場での場所取りや混雑状況」についてまとめてみました。

 

彦根・北びわ湖大花火大会で素敵な夏の思い出を作りましょう♪

湖畔の城下町を花火が彩る「彦根・北びわ湖大花火大会」へ行こう!

昨年は「彦根大花火大会」の名前で開催されましたが今年は今まで通りの「彦根・北びわ湖大花火大会」で開催されます。

 

さて、彦根大花火大会の打ち上げ数は6,000発と小規模。けれど、スターマイン、芸術花火、仕掛け花火、音楽とともに打ち上がるミュージック花火など琵琶湖の夜空を幻想的に染め上げるプログラムは見事です。

 

例年、13万人近くの来場者が訪れるのも納得♪

 

メインの観覧場所となるのは夏には多くの遊泳客で賑わう「松原水泳場」。目の前に打ち上がる花火は大迫力です。

彦根大花火大会の開催概要

琵琶湖と湖畔の城下町を舞台に45分間で約7,000発の花火が打上げられる。龍のように空を駆け上がるのスターマインや、全国の花火師のさまざまな芸術玉が、琵琶湖の湖面と夜空を絵画のように彩る。琵琶湖湖畔の夜風で涼みながら、その美しさと迫力を堪能しよう。松原水泳場、納涼観光船(要予約)がおすすめのビューポイント。ライトアップされた彦根城も美しく、花火とともに楽しむことができる。

開催日2019年8月26日(月)※
※雨天時は荒天の場合は中止
開催場所琵琶湖松原水泳場 (滋賀県彦根市松原町)
打上時刻19:45~20:30
打上数約7,000発
最大打上号数8号玉
有料観覧席なし
アクセス【電車】
・JR東海道本線彦根駅から徒歩30分
※JR彦根駅からシャトルバスの運行あり
駐車場なし
問い合わせ0749-23-0001 (北びわ湖大花火大会実行委員会)

注意

  • “北びわ湖”と名前が付く花火大会に「長浜・北びわ湖花火大会」がありますが開催日も開催場所もまったく違うので注意してくださいね。
長浜・北びわ湖花火大会彦根・北びわ湖花火大会
開催日2019年8月5日2019年8月26日
開催場所滋賀県長浜市港町 長浜港湾一帯滋賀県彦根市松原町 琵琶湖松原水泳場
最寄り駅JR琵琶湖線長浜駅JR東海道本線彦根駅

琵琶湖松原水泳場の場所取りについて

メイン会場となる琵琶湖松原水泳場は約1kmの白砂の浜が続く遊泳場。花火は砂浜にレジャーシートを敷いて足を伸ばして観覧するのがおすすめです。

 

打ち上げ時刻の1時間前には砂浜もレジャーシートで埋まってしまうので「17時まで」に場所取りを!

 

シャトルバスは「JR彦根駅から滋賀県立彦根総合運動場」まで運行します。 水泳場の南側が混雑する傾向にあるので、砂浜に到着したら北側を目指してどんどん進みましょう。

 

あた、県道2号線 (さざなみ街道) 沿いには「ファミリーマート彦根ミシガン通り店」と「セブンイレブン彦根松原店」がありますが、どちらも混雑するのでJR彦根駅前の「アル・プラザ彦根」で買い出しを忘れずに。

簡単にできる熱中症対策
  • 水分補給
    熱中症対策で最も簡単なのが水分補給。汗と一緒に体内のミネラルも出ていってしまうので水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクや経口補水液、また水や麦茶には、塩や梅干しなどを足して塩分も補給しましょう。緑茶やウーロン茶に含まれるカフェインは利尿作用があるため要注意です。
  • 体調を整える
    睡眠不足、体調不良、前日の飲酒、朝食の未摂取等は、熱中症の発症に影響を与える恐れがあります。花火大会の前日は睡眠時間を十分に確保して、当日の朝はしっかりと朝食を食べて出発しましょう。
  • 体温を下げる
    「カラダが熱いな」と感じたら首筋やわきの下、足の付け根、足首など動脈が通っている部分を冷やすのが効果的です。
花火大会で「あると便利♪」な持ち物リスト!
  • レジャーシート・敷物
    幅120cm×奥行180cmくらいのレジャーシートが足を伸ばしてくつろげる目安です。
  • ハンドタオル
    汗拭きだけでなく、濡らして首に巻いたり、突然の雨で濡れた場合、何かをこぼしたとき・・・etc。とにかく便利で重宝します。
  • ウェットティッシュ・ポケットティッシュ
    サッと取り出して汚れを拭けるのでハンドタオルと合わせて持参したい持ち物♪また、ポケットティッシュは水に流せるタイプだと万が一トイレで「紙がない・・・」となったときでも安心です。
  • 汗拭きシート・制汗スプレー
    「汗でベタベタして気持ち悪い・・・」と不快な気分で見る花火大会は楽しくない!
  • 日焼け対策グッズ
    夏は日が差している時間が長いので19時を過ぎても紫外線はガンガン降り注いでいます。日焼け止めクリームだけでなく帽子やサングラスがあると、より紫外線をブロックできます。
  •  凍らせたペットボトル
    凍っているときは肌に当ててカラダを冷やし、水滴はタオルに染み込ませてカラダを拭けば気化熱で涼しくなり、解けてきたら飲んで水分補給と大活躍!
  • 虫よけスプレー・かゆみ止め薬
    水が多いところには蚊が発生しやすいので虫よけスプレーは必須。とくに子どもはかゆいのを我慢できずにかきむしってしまうのでかゆみ止め薬は持参した方がいいですね。
  • 常備薬・絆創膏
    会場の周辺にはドラッグストアがないので風邪薬、胃腸薬、酔い止め薬など必要なものは持参してくださいね。絆創膏は靴擦れが起こったときの応急処置に!
  • 雨具(傘・折りたたみ傘・レインコート)
    夏は突然の夕立や雷雨などが起こることもしばしば。荷物を背負ったままでも着ることができるポンチョタイプのレインコートがおすすめです。

どこの駐車場に停められる?

彦根・北びわ湖花火大会の前後は交通規制が実施され、渋滞が発生します。駐車場は彦根城の南側で探すことで少しでも混雑を避けることができます。

 

琵琶湖松原水泳場周辺にはたくさんのコインパーキングがありますが「収容台数が100台以上」の駐車場に絞って探してみました。

 

駐車場は午後3時にはどこも満車になってしまうので「午前中」までに駐車場を確保して、周辺の観光を楽しんでから花火大会へ向かいましょう♪

京橋口駐車場

住所滋賀県彦根市本町2-1-45
営業時間24時間
駐車料金【普 通】2時間まで200円、その後1時間ごとに100円。
【大 型】1日1,500円
【バイク】1回100円
最大料金1日 (24時まで)最大800円
駐車台数160台

タイムズ彦根駅西口

住所滋賀県彦根市大東町3
営業時間24時間
駐車料金【00:00〜00:00 】60分/200円
最大料金駐車後24時間 最大料金500円
駐車台数150台

NPC24H アルプラザ彦根パーキング

住所滋賀県彦根市大東町2-28
営業時間8:45~22:30
駐車料金60分/100円
最大料金【平 日】24時間毎500円
【土日祝】24時間毎700円
駐車台数542台

彦根・北びわ湖大花火大会の穴場スポット

POINT

  • 花火大会のベストポジションは打ち上げ地点からの距離が350m。顔を60°上げて見られる場所が最も花火が美しく、光と音が到達する距離感のバランスがいいです。

1km地点
花火サイズによって見え方は変わってきますが花火が花開いた瞬間に胸にドンっと音が響くのが、ぎりぎり体感できる距離。

2〜3km地点
花火の大きな音が苦手なら2km以上離れたほうが ◎ 。花火の迫力、臨場感を求めるなら物足りないかもしれません。

5km地点
花火はしっかりと見えますが肉眼で見るなら5kmが限界。一眼レフカメラで花火の全体像を撮影したい人はおすすめ。

号数による花火の高さと開花時の大きさ
号数3号4号5号6号7号8号10号
上がる高さ (m)120160190220250280330
開いた直径 (m)60130170220240280320

琵琶湖国定公園周辺

 

滋賀大学学生寮周辺

千鳥ヶ浜公園

「彦根・北びわ湖大花火大会」が見えるホテルはどこ?

彦根ビューホテル(旧:彦根プリンスホテル)

彦根大花火大会の打ち上げ場所から少し北側に位置する「彦根ビューホテル」。その名の通り琵琶湖を一望することができる客室が人気です。

 

ホテルの敷地内には豊かな緑に囲まれたコテージタイプの部屋もあり、家族連れだけでなくペット一緒に泊まることもできます。(※コテージはレイクビューではありません)

住所滋賀県彦根市松原町綱代口1435-91
チェックイン14:00 (最終チェックインは24:00)
チェックアウト11:00
アクセス電車【名古屋方面から】
・新幹線「米原駅」から車で約8分
【大 阪方面から】
・JR琵琶湖線「彦根駅」から車で約7分
【名古屋方面から】
・名神高速道路~彦根~彦根市街を撮り、湖畔道路に出て長浜方面へ。ICから車で約8分
【大 阪方面から】
・名神高速道路~彦根~彦根市街を通り、湖畔道路に出て長浜方面へ。ICから車で約8分
駐車場あり (200台)
問い合わせ0749-26-1111
URLhttp://www.itoenhotel.com/search_hotel/hotellist/tabid/80/Default.aspx

かんぽの宿 彦根

彦根大花火大会の打ち上げ場所のすぐ隣に位置する「かんぽの宿 彦根」。全国の温泉地、観光地で営業している「かんぽの宿」の一つです。

 

2013年3月に全館リニューアルしたので外観も内装もとても綺麗になっています。 こちらの宿も全室がレイクビュー。琵琶湖に沈む夕日を見て、夜空に輝く花火を見る。そして、天然温泉で日ごろの疲れを癒す。こんな完璧なプランってあります?(笑)

住所滋賀県彦根市松原町3759
チェックイン15:00(最終チェックインは22:00)
チェックアウト10:00
アクセス電車【名古屋方面から】
・東海道新幹線「米原駅」で乗り換え、「彦根駅」で下車。タクシーで10分
【大 阪方面から】
・JR東海道本線「彦根駅」で下車。タクシーで10分
【名古屋方面から】
・名神高速道路で京都方面へ~彦根IC~国道8号線経由で彦根港の隣
【大 阪方面から】
・吹田JCTから名神高速道路で名古屋方面へ~彦根IC~国道8号線経由で彦根港の隣
駐車場あり (70台)
問い合わせ0749-22-8090
URL

今津サンブリッジホテル

メイン会場となる松原水泳場とは対岸に位置する「今津サンブリッジホテル」。こちらはホテルからの眺望ではありませんが船上で花火を鑑賞することができる花火鑑賞クルーズプランがあります。

 

ホテルでの夕食を済ませたら、船に乗って琵琶湖の夕暮れの中をクルージング。船上の大パノラマで花火を鑑賞できると人気なんです。

住所滋賀県高島市今津町今津1689-2
チェックイン15:00(最終チェックインは24:00)
チェックアウト11:00
アクセス電車【名古屋方面から】
・JR東海道新幹線「米原駅」~JR北陸線「近江塩津駅」~JR湖西線「近江今津駅」下車、徒歩15分
【大 阪方面から】
・JR湖西線「近江今津駅」下車、徒歩15分
【名古屋方面から】
・北陸自動車道~木之本~国道8号線~303号線~161号線を高島方面へ約30分
【大 阪方面から】
・名神高速道路~京都東IC~国道161号線から高島・マキノ・敦賀方面へ約80分
駐車場あり (70台)
問い合わせ0740-22-6666
URL

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました