大津志賀花火大会|穴場はドコ?屋台の数は?混雑状況と駐車場ガイド

大津志賀花火大会 画像

滋賀県大津市の近江舞子で毎年開催されている「大津志賀花火大会」。2019年は7月20日(土)の開催です。最大7号玉となる大輪の花を夜空に咲かせます。

 

せっかく花火を見るのなら「綺麗に見れる場所」、「混雑を避けて見れる穴場」、「部屋から花火が見えるホテル」が知りたい!

 

大津志賀花火大会を満喫するための情報をギュッとまとめてみました♪

琵琶湖の夏の夜空を彩る「第19回大津志賀花火大会」へ行こう!

大津志賀花火大会は打ち上げ数は2,300と小規模の花火大会ですが打ち上げ場所は水泳場から200〜250mと近いのが特徴。距離が近く、迫力のある花火を体感できることから「最も身近に感じられる花火大会」と人気です。

 

会場は日本一の湖のパノラマが楽しめる近江舞子中浜水泳場。琵琶湖周辺の水泳場の中でも透明度はNo.1。その湖面に鏡のように映る花火の光は足元まで広がり、幻想的な景色が目の前に広がります。

 

花火は3号玉、4号玉を組み合わせスターマインや水中スターマインなど多彩な内容。そして、最大の見どころは7号玉の打ち上げ。高さ250mに直径200mの花を咲かせます。

 

圏内だけではなく、京都や大阪からもアクセスしやすいので、足を運んでみてくださいね。

開催日2019年7月20日 (土)
※雨天決行、荒天中止
開催場所近江舞子中浜水泳場一帯
打上時刻19:45〜20:30
打上数2,300発
有料観覧席なし
アクセス【電車】
・JR「近江舞子駅」から徒歩5分
【車】
・湖西道路「舞子IC」から車ですぐ
駐車場
問い合わせ077-592-0378(志賀観光協会)

大津志賀花火大会へのアクセスと駐車場について!

電車を利用して行くなら?

▷京都からのアクセス
  • JR「大阪駅」から近江舞子行または近江今津行の各停に乗車 ⇒ ⇒ ⇒JR「近江舞子駅」到着
▷大阪からのアクセス
  • JR「大阪駅」から湖西線経由敦賀行の新快速に乗車 ⇒ ⇒ ⇒ JR「近江舞子駅」到着

車の場合は駐車場の入出庫時間に注意!

車で来場する場合は、

  • 【京都市内】国道1号線→国道161号線→県道307号線で約1時間
  • 【大阪市内】名神高速道路「京都東IC」で→国道161号線→県道307号線で約1時間20分

大津志賀花火大会の当日は駐車場の入出庫時間に注意が必要!

 

近江舞子中浜水泳場の駐車場 (600台)は1日1,500円で利用でき、浜辺までは徒歩ですぐ。バーベキューエリアまで荷物を運ぶのも便利です。

 

夏期営業期間(7/1~8/31)は8時~17時が通常の営業時間です。ただし、7月20日から8月25日までの繁忙期は平常時刻を20時まで延長します。

 

営業時間終了後はゲートが閉鎖されて入出庫できなくなるので花火大会の当日は入庫時に営業時間をを確認しておきましょう。(大津志賀花火大会の打ち上げ時刻が19時45分~20時30分)

遊泳、バーベキュー、花火を1度に楽しめる花火大会!

大津志賀花火大会の1番の魅力は琵琶湖でのレジャーを満喫できる点です。昼は目の前の琵琶湖で水遊び、木陰ではバーベキュー。夕暮れどきをビール片手にまったり過ごす。そして、1日の締めくくりに花火が打ち上がる。最高に最高な休日ですよね♪

 

近江舞子中浜水泳場のバーベキューエリアにはバーベキューに必要な設備が揃っています。また、駐車場ゲートの横には無料更衣室、コインロッカーも完備されているのも嬉しいですよね。(利用時間は午前8時~午後5時まで)

  • 水道
  • 足洗い場
  • 炭捨て場(消火してから捨てる)
  • 水洗トイレ
  • 自動販売機

昼はバーベキューと琵琶湖での水遊びが楽しめ、夜はそのまま花火が楽しめる。夏の醍醐味を一度に満喫することができます。

 

ただし、バーベキューに関しては注意点があるので確認しておいてくださいね。ルールとマナーを守って楽しく過ごしましょう♪

  • 発電機、スピーカーなど音響機器の持ち込み禁止
  • 花火は種類を問わず、近江舞子全域で禁止
  • 民宿、店舗の前では一部バーベキュー禁止のエリアあり。また、民宿や店舗の前での持ち込みバーベキューコンロの利用を禁止している場合あり
  • テント、タープ、ブルーシートによる日よけの全面禁止
  • ゴミは基本的にすべて持ち帰り

花火大会の定番!会場の周辺に屋台は出ているの?

花火大会の楽しみは会場周辺に軒を連ねる屋台ですよね?焼きそば、たこ焼き、かき氷にりんご飴。ついつい、あれもこれも買ってしまいます (笑) 。

 

さて、大津志賀花火大会の会場では残念ながら屋台は出ていません・・・・。

 

でも、近くの民宿が軽食を食べられるような食堂に変身します。全部で10軒ほどの民宿が営業しているのでお祭り気分を味わうことができますよ♪

 

ただ、近隣にはコンビニ、スーパー、ドラッグストアはなく最も近いところで近江舞子駅から徒歩10分、近江舞子中浜水泳場から徒歩18分の距離にある「セブンイレブン近江舞子店」。必要なものは事前に購入、持参して忘れ物がないように注意したいですね。

【穴場】大津志賀花火大会はどこで見るのがおすすめ?

大津志賀花火大会が地元の人だけでなく、ちょっと遠出してでも見たい理由が「砂浜に寝そべって見られる」花火大会だから。

 

花火大会の会場になっている近江舞子中浜水泳場は横にながーーーく伸びた砂浜。他の花火大会のように「わざわざ穴場を探さなくても」花火を見ることができます。

 

また、砂浜が広いので打ち上げ時刻の直前に来場しても観覧できるスペースが残っています。ただし、上記で述べたように車で来場する場合は駐車場の営業時間(8時~17時)を過ぎると入庫できないので注意です。

 

花火大会に「あると便利♪」な持ち物は以下の通り。

  • レジャーシート・敷物
    会場は小石が混ざったような砂浜なので少し厚めのシートがおすすめ。寝ころびたいなら小さくても幅120cm×奥行180cmくらいのレジャーシートが目安です。
  • ハンドタオル
    汗拭きだけでなく、濡らして首に巻いたり、突然の雨で濡れた場合、何かをこぼしたとき……etc。とにかく便利で重宝します。
  • ウェットティッシュ・ポケットティッシュ
    サッと取り出して汚れを拭けるのでハンドタオルと合わせて持参したい持ち物♪また、ポケットティッシュは水に流せるタイプだと万が一トイレで「紙がない……」となったときでも安心です。
  • 汗拭きシート・制汗スプレー
    「汗でベタベタして気持ち悪い・・・」と不快な気分で見る花火大会は楽しくない!
  • 日焼け対策グッズ
    夏は日が差している時間が長いので19時を過ぎても紫外線はガンガン降り注いでいます。日焼け止めクリームだけでなく帽子やサングラスがあると、より紫外線をブロックできます。
  • 虫よけスプレー・かゆみ止め薬
    水が多いところには蚊が発生しやすいので虫よけスプレーは必須。とくに子どもはかゆいのを我慢できずにかきむしってしまうのでかゆみ止め薬は持参した方がいいですね。
  • 常備薬・絆創膏
    会場の周辺にはドラッグストアがないので風邪薬、胃腸薬、酔い止め薬など必要なものは持参してくださいね。絆創膏は靴擦れが起こったときの応急処置に!
  • 雨具(傘・折りたたみ傘・レインコート)
    夏は突然の夕立や雷雨などが起こることもしばしば。荷物を背負ったままでも着ることができるポンチョタイプのレインコートがおすすめです。

大津志賀花火大会の開催日に合わせて宿泊したいホテル!

ホテル琵琶湖レイクオーツカ

ホテル琵琶湖レイクオーツカは琵琶湖の湖畔に面したリゾートホテル。和室、洋室、和洋室の3タイプの部屋があり「ホテルの快適さと旅館の安らぎを味わえる宿」がコンセプトになっています。

 

琵琶湖のさざ波が聞こえるほど静かで美しい自然を満喫できるホテルは全室がレイクビュー。時間とともに変わる湖畔の景色を楽しむこともできるんです。

住所滋賀県大津市南小松1054-3
チェックイン15:00(最終チェックインは17:00)
チェックアウト11:00
駐車場35台(無料)
アクセス
問い合わせ 077-596-1711
URL

大津志賀花火大会のみんなのクチコミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました