ヒビヤガーデン2018|ビールの値段や予算は?予約&混雑回避の方法

ヒビヤガーデン 2018 画像

”日本最大級のビアガーデン”が今年も帰ってきました♪

 

多くの来場者が訪れた「ヒビアガーデン」が2018年も東京都・日比谷公園で開催されます。野外で飲むビールが美味しい初夏の季節。気の合う仲間や恋人、そして家族と足を運んでみませんか?

 

リピーターのあなたも!今年初めて来場するあなたも!まずは知っておきたいお得な情報を集めてみました♪

今年初のビアガーデンは「ヒビヤガーデン2018」から!

人気の秘密は世界各国のビールとお酒が堪能できる!

ヒビヤガーデン 2018 ビール 画像

2017年には約10万人の来場者で賑わった「ヒビヤガーデン」。最大の魅力は本場のドイツビールからベルギーやチェコ、イギリス、スコットランド、アイルランドなど12か国70種類以上のビールと100種類以上のフードが味わえるから♪

 

最近は日本でも原料や製造方法にこだわったクラフトビールがブームになっていますが世界中のビールとお酒が一堂に集められ、それらを飲み比べできるとなったら行くしかないですね!

”日本最大級”の名は伊達じゃない?

ヒビヤガーデン 2018 会場 画像

日比谷公園に用意される座席数は2,000席!ビルの屋上などのビアガーデンでも約500人規模なので、ザっとその4倍の規模の座席数があるわけです……これはスゴい(笑)

 

会場は噴水をグルっと囲むようにベンチとテーブルが並び、その周りを飲食店が囲みます。

プレミアム屋外ラウンジでスタイリッシュに楽しむ!

ヒビヤガーデン 2018 マルティーニ・ガーデンラウンジ 画像

ひと昔前まではビアガーデンと言えば”男性サラリーマンがジョッキで乾杯”のイメージでした。ところが、今は「女子会」や「ママ会」など女性を意識したビアガーデンが増えています。ヒビヤビアガーデンも非日常な空間作りが絶妙♪

 

公園の芝生エリアには”完全予約制”の「マルティーニ・ガーデンラウンジ」が昨年よりもパワーアップしてオープン!

 

ソファーやダイニングテーブルなどでゆったりとくつろげるだけでなく、混雑が予想される会場でも席の確保を気にすることなく楽しむことができます。

アクセス抜群!会場までは駅から徒歩2分!

 

開催日2018年5月18日(金)~2018年5月27日(日)
*雨天開催(荒天の際は中止の場合あり)
開催会場日比谷公園 噴水前広場(東京都千代田区日比谷公園1-2)
開催時間【平日】16:00~22:30(L.O.22:00)
【土日】11:00~22 30(L.O.22:00)
入場料金無料
アクセス【電車】
・日比谷線、千代田線「日比谷駅」A14出口から徒歩約2分
・丸ノ内線「霞ヶ関駅」B2出口から徒歩約5分
・都営三田線「内幸町駅」A7出口から徒歩約5分
URLhttp://hibeer.jp/

ビール&フードの値段は?予算はいくらが理想なの?

会場に着いたら「まずは何から飲もうかな?」と迷うくらいにビールの数、フードの数があります。それだけでフワフワと高揚してしまって、いつもより酔っ払ってしまいそうな予感(笑)

 

さて、ヒビヤガーデンでは通常の食フェスとは違い、「デポジット制」が導入されています。

  • 店舗で1杯目のドリンクを購入するときはドリンク代+グラス代1,000円を支払う。
  • 2杯目以降は空いたグラスを渡して、新しいグラスに入ったドリンクを受け取る。
  • 帰るときには空いたグラスを返却すれば1,000円が返金される。

どの店舗でも最初の1杯目は1,000円を支払うことを忘れないでくださいね♪

 

では、実際に販売されているドリンクやフードの相場はいくらでしょうか?

  • ビール300ml:1,000円前後
  • ビール500ml:1,500円前後
  • フード単品:500円~1,000円
  • フード盛り合わせ:1,000円~2,000円

ドリンク2杯とフード2品を注文して最低でも1人5,000円が予算になると思います。

 

ここでしか飲めない珍しいビール、非日常を演出したインテリア、友だちや恋人と過ごす時間などを考えると……ちょっと割高だけど足を運ぶ価値あり♪

 

お得に楽しむ”早割”チケットをGET!予約方法はこちらから!

ヒビアガーデン 2018 画像

早割チケットの入手方法!

「たくさん飲んで、たくさん食べたい!」と思っているアナタ!

 

ヒビヤガーデン2018を満喫するならクラウドファンディングサイト「Makuake」で購入できる限定チケットがお得♪

  • ヒビヤガーデン2018:ドリンク&フードチケット4,000円分(税込)
  • マルティーニ・ガーデンラウンジ:ドリンク&フードチケット1,000円分(税込)
  • ヒビヤガーデン2018 Makuakeパス
    ビールやフードを優先的に購入できる特別パス(パス指定日の全店舗で使用可)
  • マルティーニ・ガーデンラウンジ入場無料パス
    マルティーニ・ガーデンラウンジに無料で入場できるパス(パス指定日の16:00~18:30限定)

これだけセットで1口4,800円は安い!これは購入するしかないですよね。※4800円コースは残り少なくなっているのでお早めに!

 

Makuakeのチケット購入はコチラから▷「ヒビヤガーデン2018」マクアケ限定チケット購入!

プレミアム屋外ラウンジの予約方法

上記のチケットでは無料でマルティーニ・ガーデンラウンジに入場できる”だけ”なので予約するなら「OZmall」がおすすめ!

 

1組12,000円でスパークリングワイン「マルティーニ・ブリュット」1本と4人分のフードバスケットが用意されています。(1組4人までで1~4人までの間なら何人でも利用可)

 

より開放的な雰囲気が楽しめる「L字型ソファーシート」と気の合う仲間とゆったりと楽しむ「対面型ソファーシート」の2種類があります。

 

「OZmall」で予約はコチラから▷プレミアム屋外ラウンジ特別席をOZmall独占販売!

これは飲んでおきたい!2018年のおすすめドリンク!

今年を逃したら飲めない?超レアビール3選!

「ヴァイエンステファン ブラウパクト」

世界最古の醸造所「ヴァイエンステファン社」とアメリカNo.1クラフトビールメーカー「シエラネバダ社」がコラボしたビール。2018年の1回限りの醸造なので今回を逃したら飲むことができません。

「リトルクリーチャーズ」

日本初上陸となる銘柄でオーストラリア国内で開催されるビール品評会で数々の賞を受賞しています。保存料や添加物を一切使わず酵母が生きたままで提供されるビールです。

「セッション ヴァイス」

アインガー社が醸造した日本初上陸の”カロリーカットビール”。小麦から作られたヴァイスビールを抽出することでアールコール含量とカロリーを40%カット。白ビールの味わいを残したままアルコール度数3.2%と飲みやすさを追求したビールです。

ココでしか飲めない?レアビール5選!

F.B.JAPON「アルドウェン・チェリー」

ルビーのような赤い色合いを持つフランス産のフルーツビール。チェリーとエルダーベリーの果汁を加えた甘酸っぱい味わい。時間とともにグラスの中で香りが変化していくのを楽しむことができるおもしろいビールです。

プランク「ヘフェヴァイツェン」

世界で最も権威のあるビール品評会「ワールドビアカップ」で金賞を受賞したビール。一般的なヴァイツェンよりも色が濃く、バナナのような香りとスパイスのような香りがベストバランス。16代にわたって一子相伝の世襲を貫く家族経営の醸造所のビールです。

ハッカー・プショール「ヘーフェヴァイスビア」

本場ドイツのオクトーバーフェストで政府が認めた6大公式醸造所の1つ。なめらかでクリーミーな泡、バナナやトロピカルフルーツを思わせるような香り、控えめな苦みから女性でも飲みやすいビールです。

ちゅ~ずkitchen とろぴか~な「KONA beer ビッグウェーブ ゴールデンエール」

コーヒーの産地でもあるハワイ島コナにあるコナ・ブリューイング社。ハワイNo.1クラフトビールメーカーでアメリカで最も親しまれているゴールデンエールの定番。日本でも瓶ビールとしては購入できますが”樽生”はとってもレア!ぜひ、この機会に飲んでみてくださいね♪

ラーデベルガー「ツィラタールシュバルツ」

オーストリアで最も古くから続くツィラタールビール社。創業は500年以上前というから驚きです。アルプスの伏流水と国内産のモルトとホップを使用したオーストリアの自然の恵みがギュッと詰まったビールです。日本で飲む黒ビールよりも濃厚でまったりとした味わいを楽しんでみて♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました