ロハスフェスタ淡路島2019|駐車場の混雑は?出店・イベント情報を紹介

ロハスフェスタ淡路島 画像

“おしゃれに楽しく身近なことからエコを実践しよう”をコンセプトに開催されている「ロハスフェスタ」。関西からアクセス抜群、美しい自然とおいしいグルメの宝庫として人気の観光地・淡路島で開催です。

 

この記事ではロハスフェスタ淡路島の駐車場や会場の混雑、ロハスフェスタに必要な持ち物などをまとめてみました。

エコを楽しむロハスフェスタ淡路島2019へ行こう

関西ではゴールデンウィークに大阪・万博記念公園、夏に大阪・インテックス大阪で開催されているロハスフェスタですが淡路島国営明石海峡公園に会場を移して開催されるロハスフェスタ淡路島はリゾート感が増したロハスフェスタです。

 

ハンドメイドの自然素材のグッズ、健康志向でカラダに優しいグルメやスイーツ、手作り体験ができるワークショップなどのブースが約200軒も揃います!

 

飲食ブースでは「マイ食器のみ」が使用できる取り組みはロハスフェスタならでは。お気に入りのマイ食器を持参して、環境にも自分のカラダにも優しいロハスなことを体験しましょう!

 

LOHASとは?ロハスとは ( Lifestyles Of Health And Sustainability) の略。地球環境保護と健康な生活を最優先し、人類と地球が共栄共存できる持続可能なライフスタイルと、それを望む人たちの総称です。

開催日2019年10月12日 (土) 〜 14日 (月・祝)
開催時間9:30〜17:00 (入場は16:30まで)
会場淡路島国営明石海峡公園 芝生広場
入場料500円 (小学生以下無料)
※別途 公園入園料必要<大人450円、65歳以上210円、中学生以下は無料>
アクセス【電車】
・JR「舞子駅」下車、高速舞子バス停からバスで約15分、夢舞台前バス停下車徒歩約3分
【車】
・阪神高速、第二神明道路から神戸淡路鳴門自動車道へ、淡路ICから国道28号線を車で南へ約5分
駐車場あり(398台)
問い合わせ

前売り券を購入しておくと入場がスムーズです!

ロハスフェスタ淡路島ではロハスフェスタへの参加費+淡路島国営明石海峡公園への入場料が必要です。あらかじめ購入しておくと当日にチケット購入の列に並ばなくても済むので便利です♪

  • 大人 ¥700
    ロハスフェスタ入場証+淡路島国営明石海峡公園入園料
  • 65歳以上 ¥600
    ロハスフェスタ入場証+淡路島国営明石海峡公園入園料
  • 中学生 ¥450
    ロハスフェスタ入場証(淡路島国営明石海峡公園は入場無料)

前売券はローソン・ミニストップ店頭Loppi、またはローソンチケットHP等で2019年10月11日 (金) 23:59まで販売しています。(店頭以外の受付は22:00まで、Lコードは52995)

淡路島国営明石海峡公園までのアクセスは?

ロハスフェスタ 淡路島国営明石海峡公園 画像

高速バスを利用する

JR舞子駅から
  • JR舞子駅下車、高速舞子バス停よりバスで約15分→夢舞台前バス停下車→東浦口ゲートまで徒歩3分
  • JR舞子駅下車、高速舞子バス停よりバスで約15分→聖隷淡路病院前バス停下車→淡路口ゲートまで徒歩5分

※聖隷淡路病院前バス停には1日7便のみ停車

JR三宮駅から
  • 三宮駅よりバスで約45分→夢舞台前バス停下車→東浦口ゲートまで徒歩3分
  • 三宮駅よりバスで約45分→聖隷淡路病院前バス停下車→淡路口ゲートまで徒歩5分

※聖隷淡路病院前バス停には1日6便のみ停車

自家用車で行く

神戸・大阪方面から
  • 阪神高速、第二神明道路より神戸淡路鳴門自動車道に乗りかえ淡路I.C.を降りて国道28号を南へ5分
岡山・姫路方面から
  • 姫路・加古川バイパス、第二神明道路より神戸淡路鳴門自動車道に乗りかえ淡路I.C.を降りて国道28号を南へ5分
徳島方面から
  • 神戸鳴門自動車道利用、東浦I.C.を降りて国道28号を北へ約10分

国営明石海峡公園の駐車場情報

区分普通大型自動二輪
【赤】淡路口駐車場
最寄ゲート→淡路口
500円1,600円100円
【青】東浦口大型駐車場
最寄ゲート→東浦口
1,600円
【緑】海岸南駐車場
最寄ゲート→海岸口
500円100円

淡路島国営明石海峡公園 駐車場 画像

注意

  • 青い枠で囲っている「東浦口駐車場」は大型車専用の駐車場で普通車は停めることができません。

ロハスフェスタ淡路島の会場「芝生広場」に最寄りの駐車場は赤い枠で囲った「淡路口駐車場」ですが当日は利用制限があり、満車などの理由で臨時駐車場へ誘導されることがあります。

 

黄色い枠で囲っているのが臨時駐車場なので最初からこちらを目指したほうがスムーズに入庫できるかもしてないですね!

 

さて、ロハスフェスタ淡路島では当日の午前11時には最寄りの高速道路の降り口付近から渋滞が続き、駐車場へ入るための列ができています。

 

神戸・大阪方面からなら遅くても午前7時には自宅を出発しておきたいですね。

<完全版>ロハスフェスタの持ち物リスト

関西では数多くのグルメイベントや野外イベントが開催されていますがロハスフェスタは「エコ」をテーマにしているので初めてロハスフェスタを訪れた人にとっては戸惑いと驚きの連続でしょう (笑) 。

 

ロハスフェスタを、より楽しむためには”ちょっとした”準備が必要です。初めて参加する人も、常連さんも持ち物をチェックして忘れ物がないように♪

ロハスフェスタの必需品&「あると便利♪」な持ち物

  • マイバッグ(エコバッグ)
  • マイ食器
  • マイボトル
  • レジャーシート
  • ゴミ袋
マイバッグ (エコバッグ)

ロハスフェスタでは素敵な雑貨やアクセサリー、手作りのジャムやパンなどを販売していますが、それらの商品を買ったときにお店側は袋を用意してくれません。

 

紙袋やビニール袋ではなく持参したマイバッグ (エコバッグ) を利用することになっています。

 

もし、マイバッグを忘れたときは、お店側が袋を用意してくれることもありますが、そういうお店ではマイバッグ持参だと”何か”おまけを付けてくれることがあるので、お得に楽しめます。

POINT

  • マイバッグは大きめのマイバッグを1つか小さめなら2、3個持っていくほうが便利
  • 大きめのマイバッグで1つにまとめるなら重いものを入れてもいいように丈夫な素材のものを選ぶと ◎ 。
マイ食器

ロハスフェスタでは食べ物を買ったときもお店側は食器を用意してくれません。マイバッグと同じように持参した、マイ食器に入れるのが基本♪

 

お皿 (タッパー)、おはし、フォーク、スプーンなど食べるときに必要な食器はすべて持参しましょう。

POINT

  • 丼ものや汁ものを入れられるように底の深い大きめのタッパーがおすすめ!フタができて、使用後は重ねられるタッパーなら、なおGOOD♪
  • 1度に複数のお皿を運ぶためにトレー (おぼん) があると便利。滑り止め加工をしていると、なお良し!
  • 使い捨ての紙皿、割り箸はマイ食器とは認められないので注意です!

マイ食器を忘れたときは各店舗でリユース食器を100円で購入することができます。購入したリユース食器は持って帰ることができるので次回のロハスフェスタで使うこともOK♪

 

また、会場ではロハスフェスタ限定の「カトラリー(食器)セット」も販売されているので、おみやげにもおすすめです。

マイボトル

食べ物を入れるマイ食器が必要なら、飲み物を入れるマイボトルも必要です。ロハスフェスタの流儀がわかってきたでしょうか?(笑)

 

会場では新鮮な野菜や果物を使ったスムージーや、青空の下で飲みたいキンキンに冷えたビールなど飲み物も充実していますがマイボトルを持参していると「給水スポット」で無料で緑茶を飲むことができます。

  • POINT保温・保冷ができて500mlくらいが入る大きめのタンブラーがおすすめ
レジャーシート

会場のベンチは高確率で取り合いです。レジャーシートを持参して芝生の上でピクニック気分を味わいましょう♪

 

最近はワンタッチタイプのテントを利用する人も多いです。テントなら日陰に場所が取れなくても、日よけになりますし、プライベートな空間にもなるので便利です。

ゴミ袋

ロハスフェスタでは「エコ」がテーマとなっているので自分たちのゴミは各自で持ち帰りが基本です

 

マイ食器を持参していればゴミが出ることは少ないですが、例えば、食べこぼしを拭いたティッシュや手を拭いたウェットティッシュなど小さなゴミはどうしても出てしまいます。

 

小さめのビニール袋で十分なのでゴミ袋を持っていくと便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました