田辺花火大会2019|穴場スポットや屋台の数は?日程・ホテル・開催情報

田辺花火大会 画像

和歌山県田辺市で行われる弁慶まつりのフィナーレを飾る田辺花火大会。約3,000発の花火が30分間に次々と打ち上がり、砂浜を埋め尽くす500mものパノラマ花火が夜空を照らす花火大会です。

 

この記事では「扇ヶ浜の場所取りのコツ」や「混雑を避けて花火を観覧できる穴場スポット」、「会場周辺の駐車場について」などをまとめてみました。

 

第51回田辺花火大会を満喫するための情報満載。ぜひ、活用していただいて素敵な秋の思い出を作ってくださいね♪

第51回田辺花火大会&弁慶まつりへ行こう

第51回田辺花火大会 田辺花火大会2019 画像

田辺市は京都・五条大橋で牛若丸こと源義経と戦った豪傑・武蔵坊弁慶が生まれた町と言われています。

 

毎年10月上旬に開催される「弁慶まつり」では、演劇弁慶伝説・弁慶ゲタ踊り・紀州弁慶よさこい踊りなど弁慶をテーマにした催しが盛りだくさん。

 

その「弁慶まつり」で賑わった観客を感動へと導くのが2日目のフィナーレとして扇ヶ浜海水浴場から打ち上げられる田辺花火大会です。

 

昨年までは直径約500mにもなる2尺玉が打ち上げられていましたが今年は「超ワイド!500mの大パノラマ花火」が打上げられる予定。湾すべてを埋め尽くし、視界に収まりきらないほどの大パノラマは息を呑むほどの美しさ!

 

ぜひ、間近で見ることができる扇ヶ浜海水浴場で大迫力の花火を体感しましょう♪

開催日2019年10月5日 (土)
※弁慶まつりは10月4日・5日開催
※雨天時は翌日に順延、翌日も荒天の場合は10月12日に順延
メイン会場和歌山県田辺市 扇ヶ浜
打上時刻 20:00〜20:30
打上数 約3,000発
有料観覧席なし
アクセス【電車】
・JR紀勢本線 (きのくに線)「紀伊田辺駅」から徒歩10分
【車】
・阪和自動車道南紀田辺ICから国道42号を扇ヶ浜方面へ車で3km
駐車場<有料>駐車場あり (400台)
※最初の1時間は無料、1時間を超えると1時間増すごとに100円
問い合わせ0739-26-9929 (田辺観光協会)

駐車場は市内6ヶ所に用意。うまく活用しよう!

田辺花火大会の駐車場は市内に6ヶ所用意されていて「田辺第一小学校グラウンド」を除いてすべて有料です。

  • 【料 金】最初の1時間は無料、1時間を超えると1時間増すごとに100円

例年、無料の田辺第一小学校から埋まっていく傾向にあるので、こちらの駐車場を利用する場合は時間に余裕を持って自宅を出発しましょう。

田辺市営扇ヶ浜海岸駐車場
詳細を開く

住所〒646-0036 和歌山県田辺市上屋敷2−17−23
営業時間24時間
駐車料金・最初の60分は無料
・以降60分/100円
最大料金なし
駐車台数400台

注意

  • 歩行者優先、安全確保のため花火打上終了 (20:30頃予定) から20分間は車両 (バイク・自転車を含む) の出庫は禁止となります。また、出庫時はとても混雑するので、あらかじめ小銭を用意しておくと ◎ 。
  • 注意1万円札、5千円札、2千円札は使用できません。
田辺第一小学校グラウンド (約200台、無料)
詳細を開く

住所〒646-0036 和歌山県田辺市上屋敷1-2-1
営業時間9:00〜21:30
駐車料金無料
最大料金ーーー
駐車台数200台
田辺市役所駐車場
詳細を開く

住所〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地
営業時間24時間
駐車料金・最初の60分は無料
・以降60分/100円
最大料金なし
駐車台数40台
紀伊田辺駅前第二駐車場
詳細を開く

住所〒646-0031 和歌山県田辺市湊1-919-6
営業時間6:30~22:30
駐車料金・最初の60分は無料
・以降60分/100円
最大料金なし
駐車台数95台
田辺市民総合センター
詳細を開く

住所〒646-0028 和歌山県田辺市高雄1-23-1
営業時間24時間
駐車料金・最初の60分は無料
・以降60分/100円
最大料金なし
駐車台数90台
田辺市文化交流センター
詳細を開く

住所〒646-0029 和歌山県田辺市東陽31-1
営業時間24時間
駐車料金・最初の120分は無料
・以降60分/100円
最大料金なし
駐車台数82台

メイン会場「扇ヶ浜」の場所取りについて!

花火大会の会場となる「扇ヶ浜」。その名前のとおり砂浜が弧を描くように湾を囲うビーチです。当日はみんなが砂浜にレジャーシートを敷いて足を伸ばして、ゆったりと花火を観覧します。

 

下記には混雑を避けて花火を見ることができる穴場スポットを紹介していますが、おすすめは「扇ヶ浜」からの花火観覧です。

 

場所取りのために早めに現地に到着しないといけない、帰りの混雑を避けるには帰宅時間をズラさないといけないなど“ちょっとした手間”が必要ですが、その手間をかけただけの大迫力の花火を楽しむことができます。

 

扇ヶ浜は田辺花火大会と同時開催される「弁慶まつり」の会場でもあります。田辺大通り (県道206号線) の正面には特設ステージが設置され、よさこい踊りやパフォーマンスが披露されるので特に混雑します。

 

場所取りのスペースがない場合は扇ヶ浜の南側へ移動すると余裕があり、空きスペースを確保することができます。

花火大会で「あると便利♪」な持ち物リスト!
持ち物を確認する
  • レジャーシート・敷物
    幅120cm×奥行180cmくらいのレジャーシートが足を伸ばしてくつろげる目安です。
  • ハンドタオル
    汗拭きだけでなく、濡らして首に巻いたり、突然の雨で濡れた場合、何かをこぼしたとき・・・etc。とにかく便利で重宝します。
  • ウェットティッシュ・ポケットティッシュ
    サッと取り出して汚れを拭けるのでハンドタオルと合わせて持参したい持ち物♪また、ポケットティッシュは水に流せるタイプだと万が一トイレで「紙がない・・・」となったときでも安心です。
  • 体温調節できる服装
    和歌山の10月上旬の平均気温は20℃前後。最高気温こそ30℃近い日があるものの最低気温は15℃を下回る日もあり、昼と夜の寒暖差が大きいです。長袖のシャツ、薄手のカーディガン、パーカーなど上から着用できる服装が ◎ 。
  •  防寒対策グッズ
    海辺なので海からやってくる風は思っている以上に冷たいです。足先が冷えないようにブランケットや大きめのストールを持参しましょう。
  • 虫よけスプレー・かゆみ止め薬
    水が多いところには蚊が発生しやすいので虫よけスプレーは必須。とくに子どもはかゆいのを我慢できずにかきむしってしまうのでかゆみ止め薬は持参した方がいいですね。
  • 常備薬・絆創膏
    会場の周辺にはドラッグストアがないので風邪薬、胃腸薬、酔い止め薬など必要なものは持参してくださいね。絆創膏は靴擦れが起こったときの応急処置に!
  • 雨具(傘・折りたたみ傘・レインコート)
    突然の夕立や雷雨などが起こることもしばしば。荷物を背負ったままでも着ることができるポンチョタイプのレインコートがおすすめです。

混雑を避けて見られる田辺花火大会の穴場スポット

会場周辺から花火を観覧することができる穴場スポットは迫力でこそ扇ヶ浜に負けますが「三脚を立ててカメラで撮影したい」、「帰りの混雑に巻き込まれたくない」といった目的なら十分に綺麗な花火を観覧できます。

POINT

  • 花火大会のベストポジションは打ち上げ地点からの距離が350m。顔を60°上げて見られる場所が最も花火が美しく、光と音が到達する距離感のバランスがいいです。

1km地点
花火サイズによって見え方は変わってきますが花火が花開いた瞬間に胸にドンっと音が響くのが、ぎりぎり体感できる距離。

2〜3km地点
花火の大きな音が苦手なら2km以上離れたほうが ◎ 。花火の迫力、臨場感を求めるなら物足りないかもしれません。

5km地点
花火はしっかりと見えますが肉眼で見るなら5kmが限界。一眼レフカメラで花火の全体像を撮影したい人はおすすめ。

号数による花火の高さと開花時の大きさ
号数3号4号5号6号7号8号10号
上がる高さ (m)120160190220250280330
開いた直径 (m)60130170220240280320

【打ち上げ場所から約500m】浦安神社周辺

扇ヶ浜海水浴場ができる前は浦安神社の南西側のある三壺崎 (さんこざき) が海水浴場として使われていました。周囲は海に面してなにもないので花火の観覧はバッチリ。

【打ち上げ場所から約800m】ハイドロスポーツアクア周辺

扇ヶ浜の北側、田辺大橋を渡った先にあるマリンスポーツ施設「ハイドロスポーツアクア」。この周辺の防波堤からも花火を観覧することができます。

田辺花火大会終了後に宿泊するなら?

田辺市から車で30分ほど行った白浜町には贅沢な休日を過ごせるリゾートホテルがたくさんありますがリゾートホテルはゆっくりとした滞在時間があってこそ優雅に過ごせるというもの。

 

花火大会終了後にホテルに帰って寝るだけならビジネスホテルで十分。でも、ホテルのクオリティにはこだわりたい!

 

田辺市内で「コスパ抜群♪」と評判なのがJR紀伊田辺駅から徒歩4分の立地にあるアルティエホテル紀伊田辺です。

アルティエホテル紀伊田辺

和歌山県田辺市 アルティエホテル紀伊田辺 画像【画像出典:https://www.altierhotel.com/

扇ヶ浜ビーチからは徒歩10分。ホテル周辺には200軒以上の飲食店が軒を連ねる南紀最大の繁華街・味光路があり、花火大会終了後のお腹を満たすにはもってこい!

 

ホテルのチェックインは16時からですが、それ以前に荷物を預かってもらえたり、空きがあれば駐車場も利用することもできます。

 

すべてのプランに無料の朝食付き。ビジネスホテルでは珍しくシェフが目の前で作ってくれるふわふわのオムレツが人気。焼きたてのパンや、こだわりのコーヒーなど朝食の満足度の高さが評判のホテルです。

住所〒646-0032和歌山県田辺市下屋敷町1-77
電話番号0739-81-1111
チェックイン16:00 (最終チェックイン:24:00)
チェックアウト10:00
アクセス【電車】
・JR紀伊田辺駅より徒歩3分
【車】
・阪和自動車道南紀田辺ICより5分
駐車場あり (35台・先着順)

コメント

タイトルとURLをコピーしました