猪名川花火大会2019|伊丹空港・スカイパークで見る!場所取りの注意点

2019年8月17日 (土) に開催される第71回猪名川花火大会

 

この記事では穴場スポットと言われる伊丹空港の展望デッキ「ラ・ソーラ」、伊丹スカイパーク、イオンモール伊丹からの観覧について場所取りの方法や当日の混雑状況をまとめてみました。

 

ぜひ、活用していただいて夏の思い出を作ってくださいね♪

広告

猪名川花火大会を見に行こう!

猪名川花火大会の開催概要

大阪府池田市と兵庫県川西市の間を流れる猪名川の河川敷で行われる「猪名川花火大会」は、1948(昭和23)年から続く伝統ある花火大会。毎年、両岸合わせて10万人を超える人が訪れ、美しい花火を楽しむ。色とりどりのスターマインが華やかに打上げられる様は圧巻で、見ごたえ十分だ。大阪と兵庫にまたがる夏の夜空を鮮やかに染め上げる迫力の花火を堪能しよう。

開催日2019年8月17日 (土)
※雨天時は小雨決行、荒天時は中止。順延日なし
メイン会場大阪府池田市桃園1丁目・2丁目地先、川西市小花2丁目・下加茂1丁目地先 猪名川河川敷
打上時刻19:20~20:20
打上数約4,000発
有料観覧席なし
アクセス【電車】
・阪急宝塚線「池田駅」または「川西能勢口駅」から徒歩10分
・JR宝塚線「川西池田駅」から徒歩15分
駐車場なし
問い合わせ072-754-6244 (大阪府池田市空港・観光課 ※平日のみ)

同じ猪名川で打ち上がる花火大会だから「猪名川花火大会」と「いたみ花火大会」を混同する人も少なくないのでは?2つの花火大会は開催場所 最寄り駅がまったく違うので注意です!

猪名川花火大会いたみ花火大会
開催日2019年8月17日 (土)2019年8月24日 (土)
打上時刻19:20~20:2019:30~20:30
開催場所猪名川運動公園周辺 (大阪府池田市)猪名川・神津大橋周辺 (兵庫県伊丹市)
最寄り駅阪急宝塚線「池田駅」JR福知山線「伊丹駅」
いたみ花火大会についての記事は以下を参考にしてくださいね♪
広告

伊丹空港から見える猪名川の花火はどんな風に見える?

伊丹空港の展望デッキ「ラ・ソーラ」では猪名川の上空に打ち上がる花火と滑走する飛行機とのコラボを楽しむことができます。ただし、肉眼で見るなら花火は少し小さく感じるかもしれません。

 

伊丹市で開催される「いたみ花火大会」の打ち上げ場所から展望デッキでの距離は2.2km。一方で川西市で開催される「猪名川花火大会」の打ち上げ場所をから展望デッキまでの距離は3.6km

 

伊丹空港から見る猪名川花火大会の迫力は少し控えめと言えます。

 

でも、タイミングがドンピシャなら花火が花開いた瞬間に離陸した飛行機が横切る”奇跡の1枚”を撮影することができます。伊丹空港でしか撮れない写真だからこそ、行く価値はあり!です。

伊丹空港から見るおすすめポイント
  • 花火と飛行機と空港の夜景の3つを同時に楽しめる
  • 綺麗なトイレやベビールームに困らない (ファミリーに優しい)
  • 打ち上げ時刻までレストランやカフェで過ごすことができる
伊丹空港から見るイマイチポイント
  • 打ち上げ場所から距離があり花火の醍醐味でもある迫力に欠ける

展望デッキの場所取りは何時からできるの?

伊丹空港の展望デッキはターミナルビル4階にあり、開場時間は6:00~22:00(最終入場は21:30)です。誰でも入場することができるので花火大会当日だけではなく週末は多くの人で賑わっています。

 

今のところ伊丹空港から場所取りに関して「○○時以降でないと場所取りはできません」という案内はありません。

 

ただし、安全面を考慮して展望デッキに人が入りきらないと判断された時点で入場制限されるので注意が必要。余裕を持って打ち上げ時刻の2時間前には到着しておきたいですね。

展望デッキは灼熱!紫外線・熱中症対策は必須!

展望デッキは開放感が魅力ゆえに屋根がほとんどありません。夏は17時を過ぎても太陽の勢いはなかなか衰えず、気温は下がらないし紫外線はガンガン降り注いでいます。

 

日焼け止めは汗で流れたり、衣服にこすれて取れてしまうことがあります。効果を持続させるためにも2〜3時間おきに塗り直しましょう。「おでこ・鼻すじ・ほお骨・頭皮」は特に日焼けしやすいので重ね塗りを忘れずに!

 

熱中症対策では体温を下げるために凍ったペットボトルが有効。首すじや脇の下などを冷やして体温を下げまし

広告

伊丹空港までのアクセス

電車 ⇒ モノレールを利用して

■大阪の各方面から■

伊丹空港へのアクセスは最終的に大阪モノレールを利用することになります。以下の各駅から大阪モノレールに乗り換えて伊丹空港を目指しましょう。

  • 阪急宝塚線「蛍池駅」
  • 阪急千里線「山田駅」
  • 阪急京都線「南茨木駅」
  • 大阪メトロ御堂筋線「千里中央駅」
  • 大阪メトロ谷町線「大日駅」
  • 京阪本線「門真市駅」

例えば、大阪市内から伊丹空港までの行き方は阪急電車が便利です♪

  • 阪急「梅田駅」で各停・雲雀丘花屋敷行または急行・宝塚行 (どちらも阪急宝塚線) に乗車⇒ ⇒ ⇒ 阪急「蛍池駅」で大阪モノレールに乗り換え ⇒ ⇒ ⇒ 大阪空港駅 (伊丹空港) で下車。
■神戸・三ノ宮方面から■

三ノ宮方面の場合は1度大阪市内方面に出てきてから、グルっとUターンする形で伊丹空港を行きます。

  • 阪急「三宮駅」から特急・梅田行(阪急神戸線)に乗車 ⇒ ⇒ ⇒ 阪急「十三駅」で乗り換え、3番ホームの各停・雲雀丘花屋敷行または特急・宝塚行に乗車 ⇒ ⇒ ⇒ 阪急「蛍池駅」で大阪モノレールに乗り換え ⇒ ⇒ ⇒ 大阪空港駅(伊丹空港)で下車。

車でアクセス!駐車場はどこに停めるのがお得?

猪名川花火大会が開催される日は伊丹空港の繁忙期に当てはまり30分毎の料金は200円。事前の場所取りと帰りの時間を含めて少なくとも3時間半は車を止めておくことになります。

■30分毎の駐車料金■

  • 通常期:150円
  • 繁忙期:200円

■入庫から24時間の最大料金■

  • 通常期:2,500円
  • 繁忙期:3,400円

3時間30分では駐車料金は1,400円。ハイシーズンの海水浴場の臨時駐車場に比べればリーズナブルですよね? (笑) 。

 

館内の各店舗で一定金額以上の買い物をすれば駐車料金1時間サービス券がもらえるので少しだけお得に!

 

ただし、伊丹空港の駐車場を利用した場合は花火大会終了後は車を出庫するのに少し時間がかかります。この混雑を避けるなら伊丹空港周辺のコインパーキングを利用しましょう。

 

台数はかなり限られますが入庫してから24時間の最大料金が安いので早めに駐車して伊丹空港でゆっくり過ごすのも ◎ 。どの駐車場も伊丹空港まで徒歩10分圏内で便利です。

タイムズ空港1丁目

住所大阪府池田市空港1-10
通常料金【00:00~00:00】60分 200円
最大料金【1日 (24時迄) 】1,000円
駐車台数10台
車両制限全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t
タイムズ大阪空港南

住所大阪府豊中市蛍池南町3-9
通常料金【00:00~00:00】60分 200円
最大料金【駐車後24時間】900円
駐車台数9台
車両制限全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t
タイムズ蛍池北町

住所大阪府豊中市蛍池北町3-2
通常料金【08:00〜01:00】30分 200円
【01:00〜08:00】60分 100円
最大料金【駐車後12時間】900円
駐車台数7台
車両制限全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t
広告

伊丹スカイパークから猪名川の花火は見える?

伊丹スカイパークは伊丹空港の西側に位置し、滑走路と平行するように作られた全長1.2kmの公園です。飛行機が発着する瞬間を間近で見ることができ、エンジンの轟音と飛び立つ姿に大人も子どもも大歓声を上げます。

 

この公園も猪名川花火大会の穴場スポットとして知られていて花火大会の当日には多くの人が訪れます。メイン会場となる猪名川運動公園周辺に比べると混雑は穏やかで、ゆっくりと花火を観覧することができます。

 

でも、伊丹空港と同じように打ち上げ場所からは4km〜5kmほど離れているので肉眼で見える花火は小さく感じます。一眼レフカメラなど高性能のカメラを持っているなら望遠レンズやズームなどを駆使して綺麗な花火を撮影することができます。スマホのカメラでは物足りないかも・・・。

伊丹スカイパークから見るおすすめポイント
  • 赤、青、緑の誘導灯が彩る滑走路の向こう側で花開く花火が楽しめる
  • 帰りの混雑をほとんど気にすることなく花火を見ることができる
伊丹スカイパークから見るイマイチポイント
  • 打ち上げ場所から距離があり花火の醍醐味でもある迫力に欠ける
  • 伊丹空港とは違って、すぐに暑さをしのげる場所がないので暑さ対策が必須

場所取りは何時くらいに行けばいい?

猪名川花火大会 伊丹スカイパーク 穴場スポット 画像

伊丹スカイパークの人気スポットは南駐車場から入った先にある「丘の上駐車場」です。その名のとおり、丘の中腹にある駐車場で車に乗ったまま空港の滑走路が見渡せる絶好のスポット。

 

カメラを構えて撮影したい人にとっては丘の上駐車場のなかでも北端がベストポジション。ゼブラゾーンになっていて車は駐車することができないので多くの人が集まります。最前列を確保するなら15時前には公園に到着しておきましょう。

 

「特にカメラで撮影するわけでもないし、15時はいくらなんでも早すぎる!」という人に朗報。

 

丘の上駐車場の周辺は芝生になっているのでレジャーシートを敷いて見ることができ、17時ごろに到着しても園内を歩けば観覧スペースが見つかります。

 

観覧スペースよりも駐車場が満車になる心配のほうが大きい。特に打ち上げ時刻の1時間前は入口で入庫待ちの列ができるので時間に余裕を持って訪れましょう。

紫外線・熱中症対策はいつも以上に念入りに!

伊丹空港とは違ってずっと屋外で場所取りをしておかないといけないので紫外線・熱中症対策は念には念を入れて行いましょう。

 

園内には屋根付きの休憩所が各所にあるので「ちょっと日差しがしんどいな・・・」と感じたら即、避難を!

 

熱中症対策として水飲み場があるので、そこでタオルを濡らして肌の表面を濡らしましょう。水分が蒸発するときの気化熱で体温を下げることができます。

広告

伊丹スカイパークまでのアクセス

車なら駐車場を利用しよう

伊丹スカイパークは北・中央・南の計3ヵ所で約350台分の駐車場が用意されています。

【駐車台数】[北]114台[中央]75台[南]152
【駐車料金】 20分 100円

【入出庫時間】
■4月〜10月の土日祝は7:00〜21:00
■4月〜10月の平日・1月〜3月は9:00〜21:00

駐車場は15時ごろまでは花火大会とは関係なく公園で過ごす人たちの車によって駐車場の混雑が予想されます。

 

その後、15時〜17時は公園で遊び終わった人と花火を見物する人の車が入れ替わる時間帯。

 

打ち上げ時間の直前になると駐車場は再び混雑し、入庫制限が実施されることもあるので17時までには公園に到着するようにしましょう。

注意

  • 伊丹スカイパークの営業時間は21時まで。閉園時間が近づくと園内にアナウンスが流れます。夜間は駐車場が閉鎖になるので必ず21時までに出庫しましょう。
  • 隣接する「スカイランドHARADA」の駐車場は17時で閉場します。空いているから「ラッキー♪」と慌てて駐車しないように注意してくださいね。
広告

イオンモール伊丹は猪名川花火大会の穴場としては ✕

猪名川花火大会の穴場スポットとして紹介されることが多いイオンモール伊丹の屋上駐車場。確かに花火を見ることができます。でも、穴場スポットとしてはおすすめできません。

イオンモール伊丹がイマイチな理由
  • 打ち上げ場所から約4km離れているので花火は小さく、迫力に欠ける
  • 伊丹空港、伊丹スカイパークとは違って「花火×飛行機」のような“あえて”見る理由がない

猪名川花火大会はイオンモール伊丹ではなく伊丹空港か伊丹スカイパークで見ましょう♪

広告

花火大会で「あると便利♪」な持ち物リスト

  • レジャーシート・敷物
    幅120cm×奥行180cmくらいのレジャーシートが足を伸ばしてくつろげる目安ですが多くの人が展望デッキには訪れるので場所取りは”ゆずり合いの精神”を大切に!
  • ハンドタオル
    汗拭きだけでなく、濡らして首に巻いたり、突然の雨で濡れた場合、何かをこぼしたとき・・・etc。とにかく便利で重宝します。
  • ウェットティッシュ・ポケットティッシュ
    サッと取り出して汚れを拭けるのでハンドタオルと合わせて持参したい持ち物♪また、ポケットティッシュは水に流せるタイプだと万が一トイレで「紙がない・・・」となったときでも安心です。
  • 汗拭きシート・制汗スプレー
    「汗でベタベタして気持ち悪い・・・」と不快な気分で見る花火大会は楽しくない!
  • 日焼け対策グッズ
    夏は日が差している時間が長いので19時を過ぎても紫外線はガンガン降り注いでいます。日焼け止めクリームだけでなく帽子やサングラスがあると、より紫外線をブロックできます。
  • 虫よけスプレー・かゆみ止め薬
    水が多いところには蚊が発生しやすいので虫よけスプレーは必須。とくに子どもはかゆいのを我慢できずにかきむしってしまうのでかゆみ止め薬は持参した方がいいですね。
  • 常備薬・絆創膏
    空港内にもドラッグストアはありますが風邪薬、胃腸薬、酔い止め薬など必要なものは持参してくださいね。絆創膏は靴擦れが起こったときの応急処置に!
  • 雨具(傘・折りたたみ傘・レインコート)
    夏は突然の夕立や雷雨などが起こることもしばしば。荷物を背負ったままでも着ることができるポンチョタイプのレインコートがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました