宮津燈籠流し花火大会|穴場3選と場所取り!駐車場と帰りの混雑回避

宮津燈籠流し花火大会 画像【画像出典:http://k-kabegami.sakura.ne.jp/miyazuhanabi/open/10.html

江戸時代から続く「宮津燈籠流し」はお盆で迎え入れた先祖の霊を再び”あの世”へ送り出す行事。そのクライマックスは約1万個もの燈籠と色とりどりの花火が織り成す光の祭典です。

 

この記事では混雑を避けて観覧することができる穴場スポットや無料で利用できる駐車場、帰りの交通規制や渋滞についてまとめてみました。

 

今年は宮津燈籠流し花火大会でゆく夏の思い出を残してみませんか?

幻想的な景色広がる「宮津燈籠流し花火大会」へ行こう!

毎年8月16日に島崎公園沖の宮津湾を舞台に開催される「宮津燈籠流し花火大会」。三大燈籠流しのひとつに数えられ、燈籠と花火が作り出すファンタジーの世界を楽しむことができます。

 

その歴史は古く、約400年前に城下の人々がお盆の精霊 (しょうろう) 送りとして海へ燈籠を流したことが始まり。花火は1924(大正13)年に鉄道の開通を記念して打上げたものが現在まで続いているんです。

 

花火の打ち上げ数は約3,000発と小規模ですが精霊船を囲むように約1万個の燈籠が流されます。空は赤や黄、緑に青の花火が鮮やかに彩り、海を燈籠が優しい灯りで輝かせます。その様子はファンタジーの世界を切り取ったかのような幻想的な光景が広がります。

 

クライマックスは海上スターマイン。いくつもの花火を組み合わせて短時間に数十〜数百発の連続で打ち上げる花火です。クライマックスを飾るにはふさわしい夜空を埋め尽くすほどの花火が打ち上げられます。

 

また、花火大会が終わると観覧スポットの1つ、島崎公園では「宮津おどり」(盆踊り)が始まります。時間に余裕があるなら、ぜひ参加してみましょう♪

 

「宮津おどり」も「燈籠流し」も当日参加が可能。見るだけでなく「体感」することで、より想い出深いものになりますからね。

当日のスケジュール

  • 19:00〜|燈籠流し
  • 19:30~20:20|花火大会
  • 花火終了後~21:30|盆踊り大会

宮津燈籠流し花火大会の開催概要

開催日2019年8月16日 (金)
※雨天時は小雨決行、荒天時は中止
開催場所島崎公園・宮津シーサイドマートミップル付近(京都府宮津市島崎 )
打上時刻19:30~20:20
打上数約3,000発
有料観覧席あり
【椅子席】
◆1名|2,000円 (中学生以上)
◆1名|1,000円 (小学生以上中学生未満)
※小学生未満でも椅子を利用する場合は1,000円
※当日券あり 大人2,500円・小人1,500円(席数限定)
※詳しくは下記問い合わせ先へ
アクセス【電車】
・京都丹後鉄道「宮津駅」から徒歩10分
【車】
・京都縦貫道「宮津天橋立IC」から北へ車で10分
駐車場あり(2,000台無料)
問い合わせ0772-22-5131(宮津商工会議所)

無料で利用できる駐車場はどこ?

宮津燈籠流し花火大会 交通規制 駐車場 画像

宮津燈籠流し花火大会では約2,000台分の無料臨時駐車場が用意されていますが、毎年17時にはどこも満車になります。遅くても15時までには会場の周辺に到着しておきたい!

 

また、会場に最も近いのは「京都北都信用金庫」の駐車場ですが帰りは周辺道路が混雑するので駐車場が出ても渋滞に巻き込まれる可能性が高いです。できれば市街地から離れた駐車場を利用し、徒歩で会場まで向かいましょう。

駐車場から花火が観覧できるスポット!

食品卸センター
  • 【収容台数】130台
  • 【利用時間】13時〜22時

JF京都荷捌場付近
  • 【収容台数】320台
  • 【利用時間】15時〜22時

宮津燈籠流し花火大会の無料駐車場一覧!

  • 下記は過去開催時の実績です。2019年度の無料臨時駐車場はHPが更新され次第、追記します。
  • 利用時間以降は閉門・施錠されるので必ず出庫するようにしましょう。
場所収容台数利用可能時間
西宮津公園110台13時〜22時
滝上公園100台13時〜22時
食品卸センター130台13時〜22時
宮津中学校350台16時〜22時
京都北都信用金庫40台13時〜22時
宮津高校80台15時〜22時
宮津小学校550台13時〜22時
保健センター40台13時〜22時
宮津地方合同庁舎60台15時〜22時
京都府宮津総合庁舎120台15時〜22時
JF京都荷捌場付近320台15時〜22時

帰りの渋滞を避けるには?

京都縦貫自動車道「宮津天橋立IC」が最寄りの高速道路の入り口ですが毎年、大渋滞が発生します。過去にクチコミには「会場から宮津天橋立ICまで3時間もかかった」という声も!

 

その大渋滞を回避するためには「与謝天橋立IC」を利用しましょう。大阪・神戸・京都方面の帰り道とは逆方向にはなりますが混雑は少なめ。スムーズに高速を利用することができます。

 

このルートを使って帰宅するなら駐車場はあらかじめ「西宮津公園」を利用すると便利♪

 

この公園は下記で紹介する混雑を避けられる穴場スポットの1つに選びました。「混雑少なめ・帰りはスムーズ」なのでおすすめです。

【穴場】花火の打ち上げ場所をグルっと囲むように3ヶ所!

天橋立海岸

西宮津公園

東波路団地周辺

混雑を避けて見るなら有料観覧席も候補の1つ!

宮津燈籠流し花火大会では打ち上げ場所を目の前にした有料観覧席を用意。抜群のロケーションで場所取りの心配もなく、ゆっくりと花火を観覧することができます。

前売り券について
  • 大人2,000円(中学生以上)
  • 小人1,000円(小学生以下)

※小学生未満の子どもは保護者の膝上で観覧する場合のみ無料。椅子を利用する場合は1人1,000円の料金が発生します。

5名以上で申し込む

  • 下記の「有料観覧席申込書」に必要事項を記入して宮津商工会議所へFAX(0772-25-1690)または郵送で申し込み。直接、宮津商工会議所の窓口でも申し込むことができます。

【PDF形式】宮津燈籠流し花火大会有料観覧席申込書

  • 5名未満で申し込み「チケットぴあ」または「イープラス」でチケットを購入することができます。購入したチケットは当日に有料観覧席受付で指定席券と交換が必要です
  • 「チケットぴあ」で購入はこちら
    https://w.pia.jp/t/miyazu-hanabi/
  • 「イープラス」で購入はこちら
    https://festival.eplus.jp/events/24
当日券について
  • 大人2,500円(中学生以上)
  • 小人1,500円(小学生以下)

※小学生未満の子どもは保護者の膝上で観覧する場合のみ無料。椅子を利用する場合は1人1,500円の料金が発生します。

2019年8月16日(金)の午後3時から島崎公園有料観覧席入口付近で販売されます。売り切れ次第販売は終了となるので注意してくださいね!

有料観覧席の申し込み・問い合わせ先
  • 【名称】宮津商工会議所
  • 【住所】〒626-0041 京都府宮津市字鶴賀2054-1
  • 【電話】0772-22-5131【FAX】0772-25-1690

花火観覧船もおすすめ!

宮津燈籠流し花火大会 鑑賞船(天橋立桟橋発着)

《スケジュール》

  • 天橋立観光船乗り場(19:00集合、19:15出発)
  • 船上から花火のご鑑賞
  • 天橋立観光船乗り場(20:40到着・解散)
集合時間19:00
集合場所天橋立観光船乗り場

料金【大人】2,700円(中学生以上)
【子供】1,350円(小学生)
所要時間19:00~20:40
決済方法当日、現地にて決済
料金に含まれるもの鑑賞船乗船料
料金に含まないもの個人的諸経費
キャンセルポリシー5日前~2日前 : 30%
前日 : 40%
当日 : 50%
旅行開始後および無連絡不参加 : 100%

申込み・問い合わせは天橋立観光協会まで【TEL】 0772-22-8030

宮津燈籠流し花火大会のみんなの口コミ&感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました