白浜花火大会2019|穴場5選!駐車場の場所と渋滞・混雑回避のコツ

白浜花火大会 画像

パンダで有名な町として知られている和歌山県西牟婁郡白浜町(にしむろぐんしらはまちょう)。この街では「白浜」の名を冠した花火大会が7月と8月に開催されます。

 

この記事では8月に開催される全長1kmのナイアガラの滝が圧巻の「白浜花火大会」について「花火観覧の穴場スポット」、「行き・帰りの交通渋滞と回避する方法」、「無料で利用できる駐車場」などの情報をまとめてみました。

 

少しでも楽しい旅行の計画の手助けになれば嬉しいです♪

大迫力のフィナーレに感動!2019年は「白浜花火大会」へ行こう!

真っ白な砂浜と真っ青な海。夏のイメージそのものの白良浜海水浴場。ハワイのワイキキビーチとは有効姉妹ビーチ。

 

そんな白良浜だからこそ昼は海で思いっきり遊び、地平線の向こうに沈む夕暮れ時を過ごしたら、お待ちかねの花火大会です。

 

白良浜沖300mで打ち上げられる花火は早打ち、スターマイン、水中スターマイン、仕掛け花火など、バラエティ豊かで趣向を凝らしたものばかり。

 

特に「水中スターマイン」は圧巻です。古くから行われている投げ込みという方式で、走る船の上から次々と花火が投げ込まれ、孔雀が羽を広げたように水面に花が開きます。

 

また、全長1kmにもなるナイアガラの滝は白良浜全体をまばゆい光で照らし、光景は観客を魅了します。

今年から有料観覧席を設置!場所取り不要が嬉しい♪

今年の白浜花火大会から花火打ち上げ地点の目の前に有料観覧席が設置されます。

白浜花火フェスティバル 有料観覧席 画像

  • 【ペアシート】 10,000円
    ※ワンドリンク+おつまみ付き (唐揚げ、ポテト等) +お土産付き (町営公衆浴場無料券、粗品等)
  • 【パイプ椅子シート】 2,500円
    ※お土産付き (町営公衆浴場無料券、粗品等)
  • 【グループシート】 20,000円
    ※テーブル椅子席に最大4名まで
    ※ワンドリンク+おつまみ付き (唐揚げ、ポテト等) +お土産付き (町営公衆浴場無料券、粗品等)

白浜花火大会の開催概要

開催日2019年8月10日(土)
※雨天時は順延 (順延日は要問合せ)
開催場所白良浜海水浴場 (和歌山県西牟婁郡白浜町 )
打上時刻20:00~21:00
打上数3,000発
有料観覧席なし
アクセス【電車】
・JRきのくに線「白浜駅」から明光バス・三段壁方面行きで14分
【車】
・紀勢自動車道南紀白浜ICから県道34号(白浜空港フラワーライン線)を白良浜方面へ車で10分
駐車場会場周辺に有料・無料駐車場あり
問い合わせ0739-43-5511(白浜観光協会)

白浜花火フェスティバルと白浜花火大会の違いは?

白浜花火フェスティバル白浜花火大会
開催日2019年7月30日 (火)2019年8月10日 (土)
開催場所白良浜海水浴場
打上時刻20:00〜20:4020:00〜21:00
打上数開催年によって3,000〜3,200発開催年によって3,000〜3,500発
来場者数約10万人約15万人
白浜花火フェスティバルの特徴
  • 浜辺に置いたスピーカーから流れる音楽に合わせて花火が打ち上げられる
  • 毎年1つのテーマを決めて花火と音楽で1つの物語を作るような演出が魅力!
  • ショーがスタートすると40分間ノンストップで打ち上がり花火の世界観に没入できる
白浜花火大会の特徴
  • プログラム毎にアナウンスが流れるので全体的に間延びした印象。ただ、シャッターチャンスは逃さない。
  • 白良浜全体がを銀世界に一変する長さ1kmものナイアガラの滝が必見
  • 最大4号玉を使用した残り10秒からの大迫力のフィナーレが楽しめる!

白良浜までの交通渋滞・交通規制について!

行きの渋滞を回避するなら【15時まで】【一般道】がポイント!

白浜花火大会の当日は白良浜への海水浴客、アドベンチャーワールドへの来場客も重なって道は混雑が予想されます。

■一般道の渋滞ポイント
  • 国道33号線沿い、『とれとれ市場』周辺~白良浜
  • アドベンチャーワールド周辺~白浜空港
  • 南紀白浜道路(国道34号線)から三段壁へ向かう途中にある『白石橋南』の信号手前。
■高速道路の渋滞ポイント
  • 阪和自動車道・湯浅御坊道路【湯浅 ⇒ 御坊】間
  • 紀勢自動車道【南紀田辺 ⇒ 南紀白浜】間

以前は阪和自動車道が南紀田辺までしか開通していなかったので国道42号線から県道33号線を通って白良浜まで行く道に渋滞が起こっていました、

 

南紀田辺ICから南紀白浜ICまでの区間(紀勢自動車道)が開通したことによって花火大会の当日は紀勢自動車道【南紀田辺⇒南紀白浜】間が渋滞すると予想。それに一車線なので渋滞するとなかなか動かない・・・。

 

花火大会の当日は南紀田辺ICで高速を降りて一般道で白良浜を目指すのがいいと思います。一般道なら15時までなら、ひどい渋滞にはならないでしょう!

帰りの交通渋滞はどう回避する?

白浜花火大会は行きよりも帰りが要注意。白浜花火大会は花火を見終わってからでは大阪方面、和歌山方面へ向かう終電に間に合いません。基本的に「宿泊」もしくは「自動車」の2択です。

 

数年前に比べると交通規制のおかげなのか渋滞になっても30分〜40分程度で町内を抜けることはできるでしょう。ただし、問題は阪和自動車道の上り線の混雑は必至です。特に御坊IC ⇒ 有田ICの区間は一車線なので、普段でもよく渋滞します。

白浜町内の交通規制マップ

大きい画像▷【PDF】2.8MB

帰りは北側のルートは避ける!

白良浜の周辺でカーナビを設定すると、おそらく2つのルートが表示されると思います。

 

1つは「県道33号線 ⇒ 国道42号線 ⇒ 阪和自動車道・南紀田辺IC」のルート。

白浜花火大会 混雑 交通規制 画像

もう1つは「県道33号線 ⇒ 県道31号線からJR白浜駅方面へ向かい、国道42号線へ合流 ⇒ 阪和自動車道・上冨田IC」のルート。

 

どちらも大阪・和歌山市内方面へ向かうには最短のルートとして設定されますがどちらのルートを選択してもとれとれ市場の前の交差点付近までは大渋滞になる可能性があります。

 

この渋滞を避けるために帰りは南紀白浜ICから阪和自動車道にアクセスするのが最も渋滞が少ないルートです。

 

そのルートから帰るためには安易に白良浜の周辺の駐車場に停めないことがポイントです。

駐車場はどこに停めるのが正解?

花火大会の当日は駐車場も大繁盛。町営の駐車場も民営の駐車場もたくさん貸し出していますが、白良浜海水浴場の前の道路(浜通り)は19時から23時まで通行規制が実施され、歩行者天国になります。

 

町内の駐車場に停めた場合は通行規制が解除される23時まで車が出せないので要注意。

 

また、駐車場代も「この日ばかりは!」と高額です。町営で1,000〜2,000円なら安いもの。民営、特に海の家など個人で空き地を貸している場合は海水浴の時間帯と花火大会の時間帯は別料金だったり、2,000円位上の高額な場合があるのでおすすめできません。

 

おすすめの駐車所は「旧空港跡地臨時駐車場」です。

こちらの駐車場は白良浜まで徒歩30分の距離にありますが花火大会の当日は「無料」で開放されます。収容台数はかなりあり、お昼過ぎに到着しても余裕があるほど。

 

また、行きは白浜空港からの路線バスが利用できます。「白浜警察前」から乗車することができ、白浜町内をぐるっと1周する周遊バスなので「白浜駅方面」でも「白浜温泉方面」のどちらでも白良浜に到着します。

 

そして、こちらの駐車場に停めておけば帰りは渋滞が少ない南紀白浜IC方面ルートとなるのでスムーズです。

 

万能に思える「旧空港跡地臨時駐車場」も、ただ1つだけデメリットがあるとしたら「帰りは駐車場までの交通手段がない」こと。帰りは徒歩30分の道のりをひたすら歩くことになります (笑) 。

メリット

  • 白良浜まで徒歩30分(約2km)の距離にあるけれど無料で利用
  • 行きは停留所「白浜警察署」から路線バスを利用して白良浜へ行ける
  • 帰りは渋滞が少ない南紀白浜IC方面のルートから帰ることができる

デメリット

  • 帰りは徒歩30分、約2kmの道のりをひたすら歩くこと

このデメリットも花火の余韻を楽しみながら、思い出を振り返りながらならメリットでしたありません♪

本当におすすめできる穴場スポットはどこ?

花火の打ち上げ地点から約5km離れた場所が肉眼で花火を見て楽しめる限界の距離です。白浜花火大会で穴場スポットを探す場合は打ち上げ地点からの距離も頭に入れておきましょう♪

POINT

  • 花火大会のベストポジションは打ち上げ地点からの距離が350m。顔を60°上げて見られる場所が最も花火が美しく、光と音のが到達する距離感のバランスがいい。

1km地点
花火サイズによって見え方は変わってきますが花火が花開いた瞬間に胸にドンっと音が響くのが、ぎりぎり体感できる距離。

2〜3km地点
花火の大きな音が苦手なら、これくらい離れたほうが ◎ 。花火の迫力、臨場感を求めるなら物足りないかもしれません。

5km地点
花火はしっかりと見えますが肉眼で見るなら、ここが限界。一眼レフカメラで花火の全体像を撮影したい人はおすすめ。

号数による花火の高さと開花時の大きさ
号数3号4号5号6号7号8号10号
上がる高さ (m)120160190220250280330
開いた直径 (m)60130170220240280320
【打ち上げ地点から400m】白良浜海水浴場左手側

湾をぐるっと囲むような形の白良浜。海水浴場の左手方面は比較的スペースが空いているので、少し広めにスペースを取りたい、周りを気にせずゆっくり観覧したいなら白良浜に入ったら左側を目指しましょう。

【打ち上げ地点から500m】白浜エネルギーランド周辺

少し坂を上がった場所にある白浜エネルギーランド。こちらからも花火の観覧ができますが周辺は駐車場か道路なので立ち見が基本。こちらで見るなら白良浜で見ることほうが絶対におすすめです。

【打ち上げ地点まで約1km】フィッシャーマンズワーフ白浜

白良浜から徒歩10分ほど南に歩いた場所にある漁師直営レストランのフィッシャーマンズワーフ白浜。施設の2階では白浜を一望できるロケーションでバーベキュー。予約をすれば花火大会の当日でも席の確保が可能かも?

 

施設を利用しなくても海沿いのコンクリートで舗装された道路から花火を見ることができます。

【打ち上げ地点から約1.3km】京都大学白浜水族館周辺

水族館の目の前にある砂浜から見ることができ、円月島のバックに花火が打ち上がります。ただし、こちらのスポットまで行くためには徒歩のみ。便利のいい場所ではないので「円月島と花火を写真に収めたい」という強いこだわりがなければ、おすすめはしません!

注意

  • 敷地内に無料駐車場はありますが17時15分には閉鎖されるので利用できません。周辺道路は駐車禁止になっているので民営の駐車場が開放していれば穴場スポットの候補ですが、おすすめはできません。
  • 歩いて行くなら白良浜からは徒歩25分。無料駐車場がある白浜球場周辺からも徒歩25分。

【打ち上げ地点から約1.5km】平草原公園

白良浜を見下ろすような高台にあるので花火の全体像を眺めることができます。花火の光に照らされた温泉街の幻想的な街並みが見れるスポットです。カメラを使用して花火を撮影したい、花火の大きな音が苦手、遠くからでもゆっくり観覧したいという人に ◎ 。

注意

  • 平草原公園の近くには「スカイパーク」という名前の展望台がありますが、こちらからは白良浜ではなく田辺湾を臨む景色になるので注意です!

白浜花火大会でおすすめの穴場ベスト3

  1. 白良浜海水浴場左手側
  2. フィッシャーマンズワーフ白浜
  3. 平草原公園

白浜花火大会の迫力ある花火を最も堪能することができるのは「白良浜海水浴場」です。沖合300mで打ち上がる花火が花開くたびに全身が太鼓になったかのように震えます。この臨場感を味わえるのは目の前の白良浜だけ!

 

非常に大きなビーチなので2〜3人がレジャーシートを敷いて砂浜に座るスペースなら、すぐに見つかります。場所取りの心配がないのが嬉しいポイント♪

 

ただ、海水浴場を入ってすぐにある段差は場所取りが必要です。特にこだわりがなければサラサラの砂の上で足を伸ばして見るのが ◎ 。

白浜花火大会で「あると便利♪」な持ち物

  • レジャーシート・敷物
    ビーチはサラサラの砂なので、そのまま座っても痛くありません。服に砂がつくのが気になるなら幅120cm×奥行180cmくらいのレジャーシートが足を伸ばしてくつろげる目安です。
  • ハンドタオル
    汗拭きだけでなく、濡らして首に巻いたり、突然の雨で濡れた場合、何かをこぼしたとき・・・etc。とにかく便利で重宝します。
  • ウェットティッシュ・ポケットティッシュ
    サッと取り出して汚れを拭けるのでハンドタオルと合わせて持参したい持ち物♪また、ポケットティッシュは水に流せるタイプだと万が一トイレで「紙がない・・・」となったときでも安心です。
  • 汗拭きシート・制汗スプレー
    「汗でベタベタして気持ち悪い・・・」と不快な気分で見る花火大会は楽しくない!
  • 日焼け対策グッズ
    夏は日が差している時間が長いので19時を過ぎても紫外線はガンガン降り注いでいます。日焼け止めクリームだけでなく帽子やサングラスがあると、より紫外線をブロックできます。
  • 虫よけスプレー・かゆみ止め薬
    水が多いところには蚊が発生しやすいので虫よけスプレーは必須。とくに子どもはかゆいのを我慢できずにかきむしってしまうのでかゆみ止め薬は持参した方がいいですね。
  • 常備薬・絆創膏
    会場の周辺にはドラッグストアがないので風邪薬、胃腸薬、酔い止め薬など必要なものは持参してくださいね。絆創膏は靴擦れが起こったときの応急処置に!
  • 雨具(傘・折りたたみ傘・レインコート)
    夏は突然の夕立や雷雨などが起こることもしばしば。荷物を背負ったままでも着ることができるポンチョタイプのレインコートがおすすめです。

白浜花火大会が見えるホテルに宿泊して優雅に過ごそう!

白良荘グランドホテル

白良浜まで徒歩30秒。白浜でも随一のオーシャンビューを誇るグランドホテル。その近さはまるでプライベートビーチのよう。弓なりになった白良浜を真横から見れるロケーションが魅力です。

 

白浜花火フェスティバル、白浜花火大会の花火はホテルが打ち上げ場所からあまりにも近すぎるため部屋からは見えません。でも、花火大会の当日は宿泊客に限り屋上が開放されるので、間近で迫力ある花火を楽しむことがめきます。

住所和歌山県西牟婁郡白浜町868
電話番号0739-43-0100
チェックイン15:00 (最終チェックイン:19:30)
チェックアウト10:00
アクセス【電車】
・JRきのくに線「白浜駅」からタクシーで約10分
【車】
・海南湯浅御坊道路~南紀田辺IC~南紀田辺ICから国道42号線を白浜方面へ約20分
駐車場あり
客室数110室

白浜マリオットホテル(ラフォーレ南紀白浜)

太平洋と白良浜を一望できる南紀白浜マリオットホテル。以前はラフォーレ南紀白浜の名前でしたがリブランドオープン。世界有数のホテルチェーンの仲間入りを果たし、より非日常を味わえるラグジュアリーな空間となりました。

 

部屋のタイプによってオーシャンビューとガーデンビューがあるので部屋から花火を見たい場合は予約の際に確認してくださいね。花火大会の当日は4階にあるテラスが有料、11階の屋上は無料にて開放されます。

住所和歌山県西牟婁郡白浜町2428
電話番号0739-43-2600
チェックイン15:00
チェックアウト11:00
アクセス【電車】
・JR「白浜駅」からバスで25分またはタクシーで15分
※白浜温泉旅館共同組合「無料シャトルバス」運行あり
【車】
・阪神高速~阪和自動車道~紀勢自動車道南紀白浜IC~白浜方面へ約20分
駐車場あり
客室数182室

白浜花火大会のみんなのクチコミ・感想まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました