吉野川祭り2019|花火の穴場は?駐車場や交通規制と混雑回避のコツ

奈良県の南部に位置する五條市で開催される吉野川祭り納涼花火大会。周辺地域から毎年7万人が訪れる人気の花火大会です。

 

この記事では会場周辺の無料駐車場の情報や帰りに混雑を避ける方法、人混みを避けて花火を観覧できるスポットを紹介。

 

吉野川の川面を色鮮やかに輝かせる花火を、ぜひ見に行きましょう♪

吉野川祭り納涼花火大会へ行こう!

帰省シーズン真っ只中の8月15日、1年で最も賑わう吉野川祭りが開催されます。そのフィナーレを飾るのが吉野川祭り納涼花火大会。地方の花火大会だからと侮ってはいけませんよ?

 

レーザー光線と音楽、花火が三位一体となった芸術性の高い演出が見どころ。

 

この花火大会には関西一円だけではなく全国に知られる理由は日本の花火文化の礎となった花火師 「鍵屋弥兵衛」が五條市大塔町の出身だから。そして、五條市新町にある火薬工場で技術を磨いて江戸に出たとされています。

 

そんな花火の歴史に思いを馳せながら会場から約200m先で打ち上がる臨場感抜群の花火を体感しましょう♪

吉野川祭り納涼花火大会の開催概要

開催日2019年8月15日 (木)
※雨天時は小雨決行 (荒天時は中止)
開催場所奈良県五條市 吉野川河川敷大川橋上流側
打上時刻20:00~21:00
打上数約4,000発
アクセス【電車】
・JR「五条駅」から南へ徒歩10分
【車】
・南阪奈道葛城ICから国道24号経由で車で25分
駐車場市内各所に約500台分あり
問い合わせ0747-22-4001(吉野川祭り実行委員会事務局)

五條市までのアクセス

電車を利用する場合
  • 新大阪 ⇒ 難波 ⇒ 橋本 ⇒ 五条【約2時間】(地下鉄御堂筋線・南海線・JR)
  • 新大阪 ⇒ 大阪 ⇒ 王寺 ⇒ 五条【約2時間】(JR)
  • 新大阪 ⇒ 天王寺 ⇒ 大阪阿部野橋 ⇒ 吉野口 ⇒ 五条【約2時間 地下鉄・近鉄・JR】
  • 京都 ⇒ 橿原神宮前 ⇒ 吉野口 ⇒ 五条【約2時間 近鉄・JR】
  • 名古屋 ⇒ 京都 ⇒ 五条【約3時間 新幹線・近鉄・JR】
  • 名古屋 ⇒ 大和八木 ⇒ 橿原神宮前 ⇒ 五条【約3時間 近鉄特急・JR】
  • 和歌山 ⇒ 五条【約1時間半 JR】
車を利用する場合
  • 大阪⇒ 南阪奈道・葛城IC ⇒ 県道30号(通称・山麓線) ⇒ 五條市(約60km 1時間)
  • 大阪 ⇒ 香芝IC・国道168号 ⇒ 国道24号 ⇒ 五條市(約60km 1時間半)
  • 京都 ⇒ 国道24号・京奈和道 ⇒ 奈良市経由 ⇒ 五條市(約90km 3時間)
  • 名古屋 ⇒ 東名阪道・名阪国道 ⇒ 郡山又は法隆寺IC ⇒ 五條市(約200km 4時間)
  • 和歌山 ⇒ 国道24号 ⇒ 橋本市経由 ⇒ 五條市(約60km 1時間半)
  • 南紀・熊野 ⇒ 国道168号 ⇒ 十津川村経由 ⇒ 五條市(約100km 3時間半)
  • 南紀・熊野 ⇒ 国道169号 ⇒ 下北山・吉野経由 ⇒ 五條市(約100km 3時間半)

吉野川祭り納涼花火大会の駐車場一覧!

吉野川祭り納涼花火大会 駐車場 マップ 画像

五條小学校グラウンド

【住所】〒637-0041 奈良県五條市本町1-1-4

  • 会場周辺までは最も近く徒歩6分 (450m) 。五條小学校のグラウンドを利用した臨時駐車場です。入り口が非常にわかりづらく、正門ではなく南側にグラウンドへ続く入り口があります。※上記の地図は小学校ではなくグラウンドへの入り口を指しています。

島台グラウンド

【住所】〒637-0004 奈良県五條市今井4丁目付近

  • 会場周辺までは徒歩16分 (1.3km) 。五條中央公園の北側の空き地を利用した臨時駐車場です。「イズミ送風機」という工場の近くに臨時駐車場への入り口があります。

辯天宗国道西駐車場

〒637-0036 奈良県五條市野原西6-1-3

  • 会場周辺までは徒歩9分 (700m) 。国道168号線沿いにあり、比較的見つけやすい駐車場。下記の保健福祉センターの駐車場に比べて敷地が大きいので空車の可能性が高いです。

保健福祉センター(カルム五條)

【住所】〒637-0036 奈良県五條市野原西6-1-18

  • 会場周辺までは徒歩10分 (750m) 。こちらが満車でも上記の辯天宗国道西駐車場なら空きが見つかる可能性があります。

五條病院駐車場

【住所】〒637-0036 奈良県五條市野原西5-2-29

  • 会場周辺までは徒歩12分 (1.0km) 。保健福祉センターから少し南に位置する大きな病院の駐車場が臨時駐車場として開放されます。

五條市健民グラウンド

【住所】〒637-0035 奈良県五條市霊安寺町2175-4

  • 会場までは徒歩19分(約1.6km)。国道168号線をひたすら真っすぐ北上すれば会場となる大川橋周辺に到着します。

昨年は16時45分時点で「五條小学校グラウンド」、「保健福祉センター」、「島台グラウンド」の3ヶ所が満車となり、その25分後には「辯天宗国道西駐車場」も満車となっていました。

 

毎年の傾向としては会場に近い場所(北側の駐車場)からどんどん埋まり、最終的に残るのは会場から最も遠い「健民グラウンド」です。

 

人気の「五條小学校グラウンド」、「保健福祉センター」、「島台グラウンド」の駐車場を確保するためには時間に余裕を持って15時までには会場の周辺に到着しておきたいですね。

周辺の混雑を避けて帰るには?

周辺道路の交通規制に要注意

吉野川祭り納涼花火大会の当日では周辺道路の交通規制が実施され、車両通行止めとなります。

18時~22時30分

  • ▼大川橋北詰~五條3丁目東田中団地東側交差点
  • ▼五條3丁目東田中団地東側交差点~市斎場(ハートピアさくら)進入口前

19時~22時30分

  • ▼五條3丁目東田中団地東側交差点~国道24合五條3丁目交差点

21時~23時

  • ▼JR五条駅前~国道24号五條3丁目交差点

帰りの混雑を避けるなら?

吉野川祭り納涼花火大会は帰りの混雑がすごい。特に国道168号線を北上し、国道24号線の本陣交差点から抜けるには1〜2時間必要です。

 

そこで、帰りは大川橋とは反対方向(168号線を南下)の十津川方面へ進みます。

  • 国道168号線を南に進み、丹原交差点を右折し、県道55号線 (橋本五條線) を進み橋本市方面へ向かいます。。
  • そのまま県道55号線を真っすぐに進み、清水交差点を右折すれば国道371号線に入ります。
  • 国道371号線をそのまま進めば大阪・河内長野市方面へ、途中で京奈和自動車道「橋本IC」から高速道路に乗れば和歌山市、奈良県方面へと行くことができます。

国道168号線を南へ進むルートで帰るなら辯天宗国道西駐車場、保健福祉センター駐車場、五條病院駐車場のどれかに停めることをおすすめします。

 

五條小学校は会場から近いですが花火大会終了後の混雑に巻き込まれると帰宅するのは大幅に遅くなるので遠方から訪れる人は要注意です。

花火を見るならどこがおすすめ?穴場スポットはある?

今年の有料観覧席は完売しました!

毎年、吉野川祭り納涼花火大会では有料観覧席が用意されていますが、今年も人気で申し込み開始から、わずか3日で定員に達したため販売終了となりまりました。

 

また、当日券の販売はないので吉野川の河川敷で花火を観覧するためには場所取り必須です。

最も花火の迫力を体感できるのは大川橋の北東の河川敷

メイン会場となる大川橋の北東側の河川敷は打ち上げ場所の隣。当日は早くからブルーシート、レジャーシートによる場所取り合戦が行われるほど人気です。打ち上げ時刻の2時間前なら空きスペースにも余裕があり、お目当ての場所を探すこともできるはず!

人混みを避けたいなら大川橋の南東側の河川敷

メイン会場に比べると人混みはグッと減り、ゆっくりと花火が打ち上がるのを待つことができます。帰りの混雑も少なくおすすめですよ。

吉野川祭り納涼花火大会のみんなのクチコミ&感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました