ラーメンエキスポ2018に行ってきた!味・量・満足度など感想レポート

ラーメンエキスポ 万博記念公園 画像

関西最大級のラーメンの祭典「ラーメンEXPO 2018 in 万博公園」が2018年11月30日(金)から始まりました。4週間で40店舗のラーメンが万博記念公園に集結。全国各地のラーメンを一気に食べるチャンスです!

 

さっそくですが初日のラーメンEXPOに突撃してきたのでレポートしたいと思います♪

 

今年はどんな美味しいラーメンに出会えるのか楽しみです!

「ラーメンEXPO 2018 in 万博公園」に行ってきた🍜

大阪の冬の風物詩となっている「ラーメンEXPO 2018 in 万博公園」。このイベントが始まると「あぁ1年がもう終わるな……」と感傷に浸ってしまうんですが(笑)。美味しいものを食べて、笑顔で1年を終えようじゃないですか♪

 

12月の毎週末に開催となっていて、第4幕はクリスマスの夜9時(ラストオーダーは午後8時30分)まで営業します。

日程営業時間同時開催
第1幕11月30日(金)・12月1日(土)・2日(日)11:00~21:00(ラストオーダー・入園は20:30)さばEXPO
第2幕12月7日(金)・8日 (土)・9日(日)11:00~21:00(ラストオーダー・入園は20:30)ギョーザEXPO
第3幕12月14日(金)・15日(土)・16日(日)11:00~21:00(ラストオーダー・入園は20:30)ギョーザEXPO
第4幕12月21日(金)・22日(土)・23日(日)・24日(月)・25日(火)11:00~21:00(ラストオーダー・入園は20:30)ギョーザEXPO

まずはチケットがなきゃ始まらない!

まず、入り口を入ってすぐに目に飛び込んでくるのはチケット売り場。事前にラーメン券を購入して、販売ブースでチケットとラーメンを交換するチケット制です。

 

初日はド平日。ランチを過ぎた14時ということもあってスムーズにラーメン券を購入することができました。

 

でも、土曜日、日曜日は混雑必至!

 

ローソン、またはミニストップで販売されている前売りはマストアイテム。逆に前売り券がないと入れないくらいの気持ちで必ず購入してくださいね(笑)

 

ラーメンを買う前から食券の列に並ぶのはストレス。「グルメイベントにも電子マネーを導入すべきだな・・・」と思いながら、チケット3枚を購入。

  • ラーメン券の値段ラーメン券(全店共通)は1杯650円
  • 2杯セット券は通常1,300円1,200円とお得♪

※ラーメン1杯の量はお店で提供されるものよりも少ないサイズ(麺は約100g)です。

※ラーメン券はラーメンEXPO会場内の当日券販売窓口で購入することができます。
※各店舗でラーメンを現金で購入することはできませんがトッピングは各店舗で現金払い

お得な前売り券はローソンとミニストップでお買い求めください。

通常の前売りラーメン券
ラーメン券650円
ラーメン2杯券1,200円
Lコード56300
販売期間12月20日まで(売り切れ次第終了)
<前売限定>ラーメン4杯セット
ラーメン4杯券通常2,600円が2,350円に!
Lコード56300
販売期間12月20日まで(売り切れ次第終了)
【注意】2018年のチケット情報のため現在は販売は終了しています!

実際に食べたラーメンを紹介♪どれも絶品でした!

僕が食べたラーメンは3杯。事前に、

今年から食べ比べをしやすいように1杯の麺の量が100g以下(通常は120~130gぐらい)になりました。

という情報を知っていたので、まず3杯食べてから4杯目を食べたくなったらラーメン券を買い足そうと思っていました・・・3枚にしといて正解(笑)お腹がはち切れる!

【大阪】カレーうどん・カレー鍋 宮がみ屋 × 極濃拉麺 らーめん小僧

1杯目🍜

  • 絶対〆に食べて欲しい豚骨×出汁キーマNoodle

まず、最初に食べたのは関西のカレー鍋の元祖と言われる「宮がみ屋(大阪・中央区)」と大阪のラーメン激戦区・福島を代表する「極濃拉麺 らーめん小僧(大阪・福島区)」のコラボラーメン。

 

「〆に食べて欲しい」という作り手の願いを無視して1番に手にした理由は「スパイスの力で食欲増進を」と思ったから(笑)

 

特製スパイスとフライドガーリックは無料なので、パンチを効かせたいならガサッとすくって入れてもいいかも♪

まずはスープをひと口。最初にピリピリっとスパイスがくるけど、イヤな辛さじゃない。むしろ、刺激的でやみつき。辛さのあとに甘みを感じるのは豚骨かな?

 

麺をズズズッとすするとモチモチの平打ち麺は噛めば噛むほどおいしい。「辛さが苦手で・・・」という人はチーズのトッピングが ◎ 。辛さがマイルドになって、さらに食べやすくなると思います。

【北海道】札幌みその

2杯目🍜🍜

  • 濃厚毛蟹味噌ラーメン

続きましてのラーメンは寒い冬にピッタリの味噌ラーメン。でも、今年は暖冬らしい(笑)

 

札幌みそのは全国各地のラーメンイベント、グルメイベントで行列のできるラーメン屋。

 

創業120年を誇る最北端味噌を使用したスープはコク深いと評判。このラーメンには大量の毛蟹、香味野菜、北海道産の昆布をふんだんに使用した贅沢なスープだそうです。

最初はスープから。「このスープ・・・めちゃウマッ!!!」。味噌ラーメンって味噌の味が勝ってしまいがちですがスープにしっかりと溶け込んだ濃厚な毛蟹の風味が感じられるスープ。

 

続いて味噌ラーメンといえば”ちぢれ麺”。食感はモチモチというより噛むとホロホロと噛み切れる麺。

 

蟹の旨みがでたスープと絡んでベストマッチ。でも、このラーメンの影の主役はトッピングでチャーシューの上にちょこんと乗っているおろし生姜。

 

蟹が持っている磯の香りを中和して、スープの旨みを底上げしています。味噌と生姜、蟹の風味で体がポカポカとするラーメンです。

【埼玉】寿製麺 よしかわ

3杯目🍜🍜🍜

  • 特濃煮干そば

最後に食べたのはグルメ検索サイト「食べログ」の百名店100にも選ばれている「寿製麺 よしかわ」。本店のメニューにはないラーメンEXPO限定のラーメンのようです。

 

煮干しの香りに誘われて、気がつけばお店の前にいたほど会場中に煮干しの香りが漂っていました (笑) 。

スープを飲む前から煮干しの香りが鼻を抜けます。スープを飲んだ瞬間に口のなかは煮干し、煮干し、煮干し!

 

間違いなく煮干し好きにはたまらない1杯。逆に煮干しが苦手な人にはおすすめできないくらいに煮干し!例えるなら”煮干し版”無鉄砲(笑)それくらいに煮干しの香り、味が濃いです。

 

麺は、いわゆる博多の豚骨ラーメンなどに使われる低加水麺(プツプツと歯切れのいい麺)。

 

3杯の中で1番好みの麺です。煮干しのスープと聞くと、サラサラっとしたスープを想像しますが、このスープはトロッとしていて麺によく絡みます。意外にも3杯の中で最も濃いスープに感じました。

ごちそうさま👏来年も楽しみ♪

今年のラーメンEXPOの大きな変更点は食べ比べがしやすいように、

  • 1杯の麺の量が100g以下になった
  • 1杯の値段が650円になった

の2点でした。最初はボリュームが少なくてお腹いっぱいになるのか?と思ったものの3杯で十分(笑)

 

数あるグルメイベントの中でも高いコストパフォーマンスを誇るイベントになったと思います。

 

すべてのラーメンを網羅していないものの3杯中3杯とも文句なしのおいしさでした。

 

どのラーメン屋もラーメンEXPOのために渾身の1杯を提供するために努力を惜しんでいないことが伝わってきます。ラーメンに関しては本当に100%の満足です。

 

1つだけ改善点を挙げるなら「電子マネーの導入」でしょうか?

 

ラーメンを購入するためにチケットの列に並ぶ。決して長くはない時間ですがラーメンを食べる前に並ぶのは少しストレス。お腹が減っているし、早くラーメンが食べたい気持ちが抑えられません!

 

その対策として前売り券が販売されているのでしょうが当日になってチケットを買い足したくなるほど、おいしいラーメンばかり (笑) 。

「ラーメンEXPO 2018 in 万博公園」の気になる疑問に答えます!

チケットは何枚購入すればいい?

チケットを買い足す場合は再び、チケット売り場に並ぶ必要があります。できるなら1回の購入で”お腹を満たせる”量のラーメンを食べたいですよね?さらに、いろいろなラーメンも食べたいですよね?

1人で参戦

  • 男性1人なら3枚まで
  • 女性1人なら2枚まで

※1杯のラーメンを食べてから少し時間をあけるなら4杯、3杯と食べれるかもしれないですが2時間〜3時間の間ではお腹いっぱいになります。

カップル・グループで参戦

  • カップルなら2人で3枚〜4枚
  • 女性2人なら3枚
  • 女性3人なら4枚

※4枚以上購入するなら前売限定 ラーメン4杯セット(通常2,600円が2,350円)がお得!

どんなトッピングがあるの?

各店舗によってトッピングの種類は異なるものの以下の価格が目安です。

 

ラーメンはラーメン券と交換しますが、トッピングは各店舗にて現金払いです。

トッピングの種類

  • のり・メンマ・ネギ増し・煮玉子|100円
  • スペシャルトッピング・全部盛り|500円

ちなみに、各ラーメンに大盛りや替え玉はないので悪しからず

おすすめのラーメンの選び方は?

ラーメンEXPOに登場するラーメンは全国から厳選されたラーメン。どのラーメンも文句なしのおいしさです。でも、満足度の高いラーメンを探そうとなると一筋縄ではいきません。

行列になるラーメンの特徴

  • 食べ応えのある豚骨や鶏白湯、味噌などの濃厚なスープ
  • 追加のトッピングなしでもトッピングが充実している
  • イベント限定の有名店 × 有名店のコラボラーメン

昨年までは、すべてのラーメンが均一料金であることから「1杯でどれだけ満足感を得られるか」が人気のポイントでした。

 

でも、今年はボリュームは少なくなったものの1杯800円から1杯650円に値下げ。1杯の値段がグッと抑えられたことでグルメフェスのなかでは脅威のコスパ。どれを食べても満足度は高いです。

 

ただし、ラーメンの味が「口に合わなかった・・・」を回避するなら万人受けする「しょう油」、「塩」を選びましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました