八景島カウントダウン2019-2020|花火で感動の年越し!駐車場の混雑情報

八景島シーパラダイス カウントダウン 画像

大みそかから元旦にかけてオールナイト営業する八景島シーパラダイス。チケットの販売数が毎年伸びていると噂の「ハッピーアイランドカウントダウン」が今年も開催されます。

 

幻想的な夜の水族館。イルミネーションに照らされた園内。クライマックスは夜空を彩る無数の花火。2019年を最高の思い出で締めくくり、盛大な幕開けで2020年をスタートしませんか?

 

花火の鑑賞スポットや園内の見どころ、駐車場の混雑状況までイベントを満喫するための情報をまとめてみました♪

「ハッピーアイランドカウントダウン2020」へ行こう

八景島シーパラダイス カウントダウン 年越し 画像

シーパラの愛称で親しまれている日本最大級の水族館「八景島シーパラダイス」。遊園地、ショッピングモール、レストランを備えた複合型海洋レジャー施設です。

 

昨年は開園25周年を迎えて人気エリア「アクアミュージアム」が「アクアミュージアム~五感体感LABO~」としてリニューアル。11のエリアごとに、さまざまな海の生物との出会いが待っています。

 

毎年、新たな発見と驚きが待っている八景島シーパラダイスで1年を締めくくる「ハッピーアイランドカウントダウン」。

 

大みそかは約700種12万点の生き物たちが暮らす「アクアミュージアム」とイルカが泳ぐ姿をドーム型の水槽で見ることができる「ドルフィンファンタジー」がオールナイト営業。普段は見ることができない海の生き物の夜の姿を観察できます。

 

そして、大人も子どもも楽しめる海の遊園地「プレジャーランド」でも6つの乗り物がオールナイトで営業。1年の最後を大いに笑って、はしゃいで、楽しみましょう♪

八景島シーパラダイス カウントダウン オールナイトパスのチケット情報

八景島シーパラダイスへは入場無料。水族館やアトラクションを利用するにはチケットの購入が必要ですが島内を自由に散策したり、ショップで買い物やレストランで食事をするのは無料で楽しむことができます。

 

でも、大みそかから元旦にかけてのオールナイト営業を120%楽しむなら「カウントダウンオールナイトパス」がおすすめ!

 

チケットは「特別イルカショーの観覧付き」と「特別イルカショーの観覧なし」の2種類を用意。

 

ただし、特別イルカショーの観覧付きチケットは前売り券限定なので必ずゲットしておきましょう!

チケットの種類料金利用時間利用可能な施設
前売り券特別イルカショーの観覧付き (20:30〜)3,500円12月31日 (火) 15:00〜 1月1日 (水・祝) 8:00・アクアミュージアム入館
・ドルフィン ファンタジー入館
・プレジャーランド アトラクション乗り放題(6機種限定)
特別イルカショーの観覧付き (21:30〜)3,500円
特別イルカショーの観覧なし3,000円
当日券特別イルカショーの観覧なし3,500円
  • 前売り券の発売期間は12月30日 (月) まで。料金は「4歳以上共通」です。
  • 前売特典として、カウントダウンライブ前方エリア入場特典付き。
  • 天候、機械トラブルなどで一部施設およびアトラクションが休止する場合あり
12月31日オールナイト1月1日
アクアミュージアム10:00~18:00(最終入場)19:00~8:00(最終入場)10:00~17:30(最終入場)
ドルフィンファンタジー10:00~19:00(最終入場)19:00~8:00(最終入場)10:00~17:30(最終入場)
ふれあいラグーン10:00~18:00(最終入場)営業なし10:00~17:30(最終入場)
うみファーム10:00~18:00(最終入場)営業なし10:00~17:30(最終入場)
プレジャーランド10:30~19:0019:00~8:0010:00~17;30
ベイマーケット10:00~オールナイト営業~18:00
レストラン11:00~オールナイト営業~17:15
開島時間9:00~オールナイト営業~19:00

ハッピーアイランドカウントダウンの見どころ

大人気のお笑い芸人たちによる爆笑のステージ「カウントダウンライブ」

年越し直前から始まる「カウントダウンライブ」は1年を笑顔で締めくくる”笑い納め”にはぴったりのイベント。海風で寒くなった体も大笑いでポカポカとするような鉄板ネタを用意!

 

昨年はキングオブコントや歌ネタ王など数々の賞レースで優勝を飾る、よしもと芸人「かまいたち」。

 

バラエティ番組で大活躍中の「尼神インター」にハーフ芸人・アントニーがインパクト大の「マテンロウ」。漫画ドラゴンボールのフリーザものまねでブレイクを狙う「BAN BAN BAN」の4組が登場。

 

今年はどんな旬のお笑い芸人が登場するのか?今から楽しみですね♪

<大みそか限定プログラム>音と光と映像のイルカショー

八景島シーパラダイス イルカショー 年越し カウントダウン 画像

 

「海の動物たちのショー」が開催されるアクアスタジアムでは1年で”この日”しか見ることができない特別プログラムを上演されます。

 

このイルカショーを見ることができるのが 前売り券限定「特別イルカショー付きカウントダウンオールナイトパス」です!

 

このイルカショーが人気の理由は、大型LEDディスプレイと壁面を利用したプロジェクションマッピングだけではなく、プールから噴射する水の壁に映像を映し出す4Dプロジェクションマッピングを利用した日本初のイルカショーだから!

 

神秘的で、時には情熱的に鳴り響く音楽。シーンが移り変わるごとに青、赤、緑、黄と変化する照明。4Dプロジェクションマッピングによる立体感。見ているほうもショーの世界観の一部になったかのような感動のイルカショーです。

新年の夜空を花火が彩る!「ニューイヤー花火シンフォニア」

シーパラ 花火シンフォニア 年越し 画像

八景島シーパラダイスの名物になっている「花火シンフォニア」。花火をデジタル制御で打ち上げることによってコンマ1秒まで音楽とシンクロ。10分間に約3,000発の花火が次々と打ち上がり、夜空と湖面を同時に彩ります。

 

年間を通して開催されていますが年越しは新年を祝う特別プログラム。3,000発の花火が打ち上がるカウントダウンイベントは関東ではここだけ!

 

花火を目で見て、音楽を耳で聴いて、振動を体で感じる。音楽と花火がピタッとシンクロしているからこその没入感と臨場感。1年の始まりを華やかに、そして感動的に迎えること間違いなし!

おすすめの花火鑑賞スポット

  • 【1】ドルフィンファンタジーとショッピングモールC棟の付近の「ボードウォーク」からは花火を正面から見ることができます。
  • 【2】レストランプラザA棟の前の「ボードウォーク」からは花火とベイエリアの景色の両方が楽しめます。
  • 【3】レストランやショップが入っている「ベイマーケットの2階」からは眺望がよく、花火が湖面を彩る景色を見ることができます。
  • 【4】人気アトラクション「アクアライドⅡの前」からも迫力ある花火を楽しむできます。花火の下の部分が切れるときがありますがボードウォーク、ベイマーケットに比べると空いています。

朝まで遊んで初日の出をシーパラで迎えよう!

八景島シーパラダイス 初日の出 画像

八景島シーパラダイスからは元旦の朝8時まで営業。島内から出ることなく新年の朝を迎えることができます。房総半島の山並みから昇る美しい初日の出を、ぜひ見てほしい!

 

また、地上90mの高さまで上昇するシーパラダイスタワーから見る初日の出も絶景。シーパラだからこそ、1度で2度楽しめます。

 

神奈川県の初日の出の時刻は例年6時50分前後

 

初日の出までは少し時間があります。お笑いライブに花火ショー、アトラクションと遊び疲れた体をレストランで小腹を満たしたり、温かいものを食べて癒やしてくださいね。

大みそかの八景島シーパラダイスの駐車場の混雑は?

八景島シーパラダイスの周辺には約4,000台も収容できる駐車場がありますが大みそかには21時30分くらいに駐車場の半分が埋まります。

 

時間が年越しに近づくにつれてシーパラ周辺の道路や駐車場への入口に混雑が発生。23時を過ぎての到着では最悪、車のなかで新年を迎えることになるので遅くても21時までには現地に到着しておきましょう。

 

また、最寄りの駐車場<B>または<C>からでも八景島シーパラダイスまでは徒歩10〜15分の距離があるので「歩きやすい靴」がおすすめです。

八景島シーパラダイス 駐車場 カウントダウン 年越し 画像【画像出典:http://www.seaparadise.co.jp/

【A・B・C駐車場】
営業時間開島30分前~閉島30分後
時間料金ーーー
最大料金1200円/1日
収容台数ーーー
【E駐車場:海の公園 柴口駐車場】
営業時間4時~22時
時間料金1時間310円
最大料金駐車後12時間 1,550円(12時間以降は1時間310円)
収容台数普通車 1,064台
【F駐車場:海の公園磯浜駐車場】
営業時間4時~22時
時間料金1時間310円
最大料金駐車後12時間 1,550円(12時間以降は1時間310円)
収容台数普通車 362台

年越し&カウントダウンイベントの服装&持ち物は?

八景島シーパラダイスでのイベントをオールナイトで楽しむには寒さ対策は必須。本当の本当に「これでもか!」と防寒しないと後悔します (笑) 。

備えあれば憂いなし!持ち物編

  • 貼るカイロ、貼らないカイロ、足用カイロ
  • ブランケット or 大きめのストール
  • モバイルバッテリー

海風で思っている”倍”は寒い!服装編

  • 温感インナー
    ユニクロのヒートテックに代表されるように着るだけで体感温度が上がる温感インナーは冬の必須アイテム。
  • タートルネック
    体温を保つためには首元を温めるのが ◎ 。タートルネック+マフラーのコンビネーションは最強です。
  • ダウンジャケット
    できるならお尻が隠れるくらいの丈がベスト。腰(背中)が冷えると一気に体温が下がってしまいます。モコモコした感じが苦手ならコートの下にインナー用のダウンジャケットを1枚着ると寒さの感じ方が違いますよ。
  • 靴下2枚ばき
    冷たい地面に接している足先はすぐに冷えてしまいます。靴下は2枚ばきを!
  • 手袋
    足先と同じように指先も冷えがち。手袋をしたままでもスマホの操作ができるタイプがおすすめ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました