【京都】着物レンタル|ヘアセット&着付け無料!安さ重視ならココ

天神祭 浴衣レンタル 安い 画像

寺社仏閣、町家が立ち並ぶ京都を着物で観光する。非日常な体験は思い出をより特別なものにしてくれます。

 

でも、京都には着物レンタルのお店がたくさんあって迷ってしまう。それに・・・・・・できることなら着物レンタルはリーズナブルに抑えてグルメや買い物にお金を使いたい!

 

京都でコスパ抜群!着付込み!ヘアセット無料の着物レンタル店を紹介しますね♪

着物レンタル「極 藤之嘉」

京阪本線「三条駅」、または地下鉄東西線「三条京阪駅」から徒歩2分の場所にある「極 藤之嘉」。プロの着付け師による丁寧で着崩れしない着付けとリーズナブルな料金プランが人気の着物レンタルです。

手ぶらOK!お手軽なのが嬉しい!

「極 藤之嘉」の着物レンタルはすべてのプランで手ぶらOK!当日の手荷物も預かってくれるのでコインロッカーに預ける心配もありませんね!

 

基本となる《5点セット》着物・帯・草履・足袋・かばん。帯、小物、ヘアアクセサリーは店内にあるアイテムから自由に選ぶことができるのでコーディネートに迷ってしまうほど(笑)

 

さらに、ヘアセット&着付け代は料金に含まれているので追加で支払うお金はありません。

目的に合わせて選べる料金プランが6種類!

「極 藤之嘉」では当日の着付けレンタルも空きがあれば受け付けていますが事前予約がお得♪

プラン通常価格事前予約
本格プラン6,000円(税別)4,500円(税別)
極みプラン7,000円(税別)5,500円(税別)
カップルプラン8,000円(税別)7,500円(税別)
お子様プラン3,500円(税別)ーーー
男性プラン5,000円(税別)3,500円(税別)
修学旅行生プラン3,000円 (税別)ーーー

予約→来店→返却の簡単3ステップ!

着物レンタルのネット予約は2日前まで。電話なら前日・当日での予約も可能です。

 

予約をすれば、あとは来店するだけ。時間は着付けとヘアセット合わせて30分~40分。待ち合わせなどの予定がある場合は時間に余裕を持って来店しましょう。

 

返却時間は当日の17:00まで。夜の京都も着物で!という方には+1,000円で翌日16:00まで返却を延長できるので予約の際に相談してみてくださいね。

「極 藤之嘉」までのアクセス

《JR京都駅から》

【電車】

  • JR「京都駅」から地下鉄烏丸線・国際会館行(各停)に乗車
  • 「烏丸御池駅」で地下鉄東西線に乗り換えて「三条京阪駅」で下車。

【バス】

  • JR「京都駅」A1乗り場から「市バス5番系統」で「三条京阪駅前」で下車
《JR大阪駅から》
  • JR「大阪駅」から外回り環状線に乗車。「京橋駅」で京阪本線・出町柳行(特急)に乗り換えて 「三条駅」で下車

住所京都府京都市東山区三町目35-7
営業時間9:00~18:00
電話番号075-771-7007(電話予約は9:00~18:00)

京都で着物レンタルなら「wargo」がオススメ!

古くから京都の着物問屋との繋がりがあり、1度に大量仕入れをしているから1着1着のレンタル代がとてもリーズナブルなんです。毎年、少しずつ変化する流行を捉えた最新の着物が9,000着以上揃っています。

手ぶらでOK!充実の8点フルセット!

きものレンタル「wargo」もすべてのプランで手ぶらでの来店OK!基本の《8点セット》には女性ならヘアセット代+着付け代、男性なら着付け代が含まれています。

レディース浴衣レンタルメンズ浴衣レンタル
簪、着物、帯、肌着、長襦袢、バッグ、足袋、草履着物、羽織、帯、肌着、ステテコ、巾着袋、足袋、草履

和装小物専門店を経営していることもあって簪やバッグ、草履などの小物がどの着物レンタル店よりも充実しているんです。

 

コーディネートが難しそう・・・・・・と思っても大丈夫!専門のスタッフが色×柄の組み合わせを丁寧にアドバイスしてくれるのでピッタリな着こなしが見つかります。

着物の種類によって選べるプランが多数!

下記のプラン以外にも着物レンタルでは珍しいブランド着物「豆千代モダン」が借りられるプランなど選べる着物の種類は関西最多です。

プラン通常価格WEB決済
スタンダード着物プラン3,500円(税抜)2,900円
プレミアム着物プラン4,500円(税抜)3,900円
ハイエンド着物プラン5,500円(税抜)4,900円
メンズ着物プラン3,500円(税抜)2,900円
子ども着物プラン3,500円(税抜)2,900円
カップルスタンダード着物プラン6,800円(税抜)5,600円

観光地に合わせて選べる店舗の豊富さ!

きものレンタルwargoは京都市内に8店舗あって目的地に合わせて利用する店舗を選ぶことができます。また、+1,000円で当日、別店舗にて返却できるオプションがあるんです。ただし、各店舗によって返却する時間が異なるので注意してくださいね!

店舗返却時間
京都駅前京都タワー店18:30まで
祇園四条店18:30まで
清水坂店17:30まで
嵐山駅前店17:30まで
嵐山渡月橋店17:30まで
プチ駅前店17:30まで
プチ祇園店17:30まで

京都駅前京都タワー店までのアクセス

《大阪から》
  • JR「大阪駅」で東海道・山陰本線 野洲行(新快速)に乗車 ▷▷▷「京都駅」で下車

住所京都府京都市下京区東塩小路町721−1 京都タワービル 3F
営業時間9:00~19:00
電話番号075-600-2830(全国共通コールセンター)
《受付時間》9:00~19:00

WEB予約はコチラから▷【きものレンタルwargo】

祇園四条店までのアクセス

《大阪から》
  • 阪急「梅田駅」で阪急京都線・河原町行(特急)に乗車 ▷▷▷「河原町駅」で下車。

住所京都府京都市東山区大和町7 四条縄手通り下る西側)モーリヤビル3階
営業時間9:00~19:00
電話番号075-600-2830(全国共通コールセンター)《受付時間》9:00~19:00

WEB予約はコチラから▷【きものレンタルwargo】

嵐山駅前店までのアクセス

《大阪から》
  • 阪急「梅田駅」で阪急京都線・河原町行(特急)に乗車 ▷▷▷「桂駅」で阪急嵐山線・嵐山行(各停)に乗換 ▷▷▷「嵐山駅」で下車。

住所京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町9−2
営業時間9:00~18:00
電話番号075-600-2830(全国共通コールセンター)《受付時間》9:00~19:00

WEB予約はコチラから▷【きものレンタルwargo】

着物姿で京都を散策♪思わず写真に撮りたいフォトスポット!

祇園白川の巽橋

 

View this post on Instagram

 

北村 明寛さん(@akihiro_0913)がシェアした投稿

数々の映画やドラマのロケ地としてお馴染みの「祇園白川」。花見小路を進んだ場所にある白川と新橋通に面する一帯を指し、雑誌やテレビで祇園が紹介されるときには必ずココと言っていいほど代表的な風景です。

 

祇園は江戸時代後期から舞妓、芸妓が芸を披露し、歓談するお茶屋さんが集まる花街として栄え、明治には国内外の名士や文豪、文化人が足しげく通いました。

 

巽橋一帯は京都市の伝統的建造物群保存地区に指定されていて、戦前の街並みが残る数少ない場所。一歩足を踏み入れると、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのように京都の風情を楽しむことができますよ。

八坂庚申堂(やさかこうしんどう)

maikoさん(@57_shiratama)がシェアした投稿

京都の人気観光エリアである東山。そのシンボル的な存在となっている八坂の塔。そのちょうど真下にある小さなお寺が今、TwitterなどのSNSで話題となっている八坂庚申堂(やさかこうしんどう)です。

 

このカラフルな球体の正体は「くくり猿」というお守り。手足をくくられて身動きが取れなくなった猿の姿をしていて、欲望のままに行動しないようにとの戒めを表しています。

 

くくり猿には「何かひとつ欲を我慢すると、どんな願い事でも叶えてくれる」という庚申信仰があります。よく見てみるとマジックペンでさまざまなお願いが書かれていることが分かります。

 

赤、ピンク、紫、青、黄など色鮮やかな「くくり猿」が着物との相性も抜群ですね。ひとつひとつ手作りなので平日は100個、週末は300個の限定販売。なくなり次第終了なので、早い時間に行くのがおすすめです。

八坂の塔(法観寺)

Kyoko Uedaさん(@kyoko1903)がシェアした投稿

京都で人気の観光スポット・東山のシンボル「八坂の塔(法観寺)」。高さ約49mは京都・東寺、奈良・興福寺に次いで国内で3番目に高い五重の塔です。東山の丘陵に建っているので、下から見上げる形となり、実際の高さよりも大きく、堂々と建っているように感じますね。

 

起源は明確ではありませんが伝承では592年に聖徳太子が創建したと伝えられています。八坂の塔は過去に3度も焼失していて、現在の塔は1440年に室町幕府第6代将軍・足利義教が再建したもので4代目になります。

 

八坂の塔が最も美しい時間は夕暮れどき。夕焼け色に染まった空を背景に浮き上がる塔のシルエットがとても綺麗です。

PASS THE BATON KYOTO GION

hitomi💋さん(@__321.mi)がシェアした投稿

築120年の町家を改装したカフェ併設のリサイクルショップ「PASS THE BATON KYOTO GION」。

 

「かつて愛用していたもので捨てるには惜しい」という品物を持ち主の顔写真、プロフィール、そして品物にまつわるエピソードを添えて販売。思い出が詰まった品物を新たな持ち主にも愛用してほしいとバトンを繋ぎます。

 

カフェ「お茶と酒とたすき」では富士山の天然氷を使ったかき氷、お茶をベースにしたカクテルなど京都散策で足を休めたくなったら、ぜひ立ち寄ってみたいお店です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました